もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ちょっと前にやかんを鍛錬してみました。
もう落ちないだろうなぁと焦げが落ちる落ちる落ちる!!
この快感! 癖になりそう♪(>ω<)
ちなみに使ったのは、
スポンジの硬い部分でがっしごっしがっしごっし。
やっぱりあれですよ、最後に頼れるのは手ですよ、手。

yakan.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ
デパートにて。
男子トイレからスイと出てきたおじさんが、顔をしかめながら「すーげぇくせぇなぁ…」と呟いていて、堪えきれず思わずしのび笑い。
ぷくく…(>_<)

緊張がピークに達すると、蛇口捻ったみたいに掌から汗が出ます。
もうびちょびちょに周りが濡れるんで困ったもの。
高速教習の時はハンドルから滴りそうな程で教官が(-"-;)←こんな顔してた。
緊張がほどけた途端、汗の欠片もないほど乾くのが小憎らしい…。
あと、ピークをぶっちぎった緊張が終わると妙なふにゃけた笑いが出るね。
あ~ははは…はは~…。 このページのトップへ
何故か眠れず、夜明けにもう雪は降っているかと窓を開けたら、
わーーい、雪だ~~~~!!!ヽ( ゚∀゚)ノヽ(゚∀゚ )ノ
私にとってこの冬、初めての雪だ!雪だ!雪だ!!
何で初雪ってこんなに心躍るんだろう。
もうわくわくしちゃってたまらない。
ワーーーイ!とかはしゃいで走り出したくなるけれど、
パジャマだし夜明けだし寒いし雪だし、いやいやそれ以前に
もうえーかげん大人だし(ノー`;)
ちっ、年取るってつまんないわね。
とりあえず興奮を治めるべく、ベッドの中で俳句でも詠んでみることに。

しんしんと 心に雪が 染み透る

あーっ、いーねーいーねー、そんな感じそんな感じ!!( ゚∀゚)=3
大興奮!!
 ……逆効果(´Д`)~3

だけどもう目を瞑りながらものっちゃってのっちゃって、
よっしゃ今度は和歌でも詠んでやろうってものですよ!!

さらさらと かそけき音の 初雪や
我がしん(心・身)の根を 荒く清める


おーっっ!!!
きたね、きたよ、これだよーーっっ!!!
あ、でもでも待てよ、最後は……

さらさらと かそけき音の 初雪や
我がしん(心・身)の根を 清く洗われ


あーっっ、こっちも捨てがたい!
うっひゃぁうっひょー、良いね良いね!!
エキサイティング!!(>ω<)

ファンタスティック!!ヽ( ゚∀゚)ノ

ブラーボーーーーゥ!!!(T▽T)



……逆・効・果。

要約するとあれです。
徹夜明けのお調子者は始末に終えないって話(´・ω・`)
今日お仕事の方々、本当にお疲れ様です……<(_ _)>

結局熟睡1時間で遊び出した始末です……。


・゚・。 ・゚・追記(17時半現在)・゚・。・゚・

蟄居するつもりが結局遊びほうけてしまいました……。
私の大人指数は雪に勝てなかったようです(^^;ゞ

20060121172801.jpg

楽しかった~~(ノー`*)
よーく叩いて鍛えたから、部屋の中でも1時間は踏ん張るはず。 このページのトップへ
実は四半世紀ぶっちぎりの今、未だに献血をした事がありません(´・ω・`)
理由は単純に痛いのは嫌い……って、ぶっ飛ばされちゃいますね。
という事で先日一念発起、初献血に挑戦!とセンターに飛び込みました。
流れは書くまでもないかもしれませんが、一応書き留めておくと、
1・受付(何故か400ml献血に決定していたんですが、そうなの?)
2・問診表(ヨーロッパ渡航暦ある人はちょっとチェック厳しいです)
3・血液検査(既にこの時点で緊張していたんですが。痛いの嫌い)
4・休憩(早々にビスケットとかお茶とかご馳走になってました)

そして、血液検査が問題なければそのまま献血にゴーです。
が、問題ありました(;´Д`)ガーン
きわめて健康体で健康診断でも引っかからなかったんですが、
献血をするにはヘモグロビンが足らなかったのです~……しょぼん。
そういえば立ち眩みが時折していたなぁとか、
昔、母親が増血剤飲んでいたなぁとか、
遺伝だからあんたも血ぃ足らないわよと言われたなぁとか、
まぁ無闇にぐるぐるしても、結果は変わらない(=TωT)
鉄を取れとのことで100gの中に鉄が多く含む食品表を渡されました。
ヘモグロビンと鉄分は切って切れぬ関係なんかしら。
せっかくだから載せておきましょうか?(単位はmg)

豚レバー→13 鶏レバー→9 牛レバー→4
牛腿→2.2 豚腿→1.3 鶏腿→1.2
煮干→18 しじみ→10 あさり→7
マグロ(赤身)→2 カツオ→1.9 うなぎ→1
卵黄→4.6 全卵→1.8
生揚げ→2.6 木綿豆腐→1.4
切干大根→9.5 パセリ→9.3 ほうれん草→3.7
小松菜→3 ブロッコリー→1.9
干しヒジキ→55 焼き海苔→12.7 いりゴマ→9.9


まぁ、あれです。ひじき食えってやつです。
でも、あの、貧血の時にすかさず食べるプルーンが……
いとしのプルーンさんが入っていないようなんですが……(=TωT)
調べてみたら何とプルーン(乾物)→1という衝撃の事実が……。
おぉぉぅ(ノД`;)
ビスケットと茶をただのみしちゃったんで、
とりあえず来年の目標は献血☆

……ちなみに血液検査で空いた穴なんですが、
5時間経ってから押さえていた綿を取ったのに、
まだ血が出やがりました。ぴちぴちじゃんよ、血ぃ~(´Д`)~3 このページのトップへ
最近、結構地震が多いかも(´・ω・`)
小さな地震ならそれまでも何のかんのとあったけれども
ここ1年かそこらで、防災グッズ買わなきゃ!と何度も思うような、
結構大きめな地震が、ちょこちょことあるような気がするですよ凹
けれども何て言いますか「喉もと過ぎれば…」ってやつで、
少し経つと日常生活に馴染んでまたすっかり忘れてしまう。
けれども、そんな時に発売してくれましたね。
防災グッズセット。
いや、昔からあちこちで売られていたんだろうけれども、
馴染み深い「無印良品」からも防災セットが出ました~(大分前に ^^;)
発売当初からずっと目を付けていたんだけれども、
やぁ~、とうとう買いましたよ~、高かったぁ……(T∀T)
セットは携帯電話充電・懐中電灯の機能つきのラジオがあるのとないの。
ありだと12600円でなしだと6300円。
ありにするか迷ったけれども、なしにしてしまいました(汗)

けれども買ってしまうと不思議なもので、
今度は他のところが気になってくるもんです。
帰りの道々に他に備えておいたらいいものはあるかなーとか、
今の部屋のどこをどうしておけば、揺れた時に安心かとか…
実際起きたら何をどうしていいかとかパニックになるだろうし、
今のうちに考えておかなきゃなぁとか、具体的に考えるようになりました。
まぁ、いつ起きるかも分からないし、取越し苦労かもしれないけれど。
と、取り越してほしいけれど(´ー`;)

……とかいって、今まだ防災グッズを買ったこと止まり。
まだまだやることはありそうです~(ノー`;)ノドモト……イヤイヤ

無印良品・防災セット
内容:防災バッグ、保存水(4年保存可)、ウェットティッシュ、コンパクトタオル、水保存袋、ローソク、スリッパ、布粘着テープ、軍手、絆創膏
※高い方はラジオや乾電池などもついていまーす。
このページのトップへ
どっかの番組で誰にも人と違う、
あまり一般的でない不得手なものがあるのでないかと言っていた。
海が嫌い、水が嫌い、朝日が嫌い、夕方が嫌い……
何と説明は出来ないけれど、何となく苦手。恐怖。

子供の頃、ランダムに襲われる恐怖感があった。
お風呂に入っている時が一番多かったけれども、
吹き飛ばされそうな強い風が吹く朝の登校時、
帰りの会の時に突然鳴り出した雷と
教室のざわめきと全体に漂う不安感・高揚感、
見渡す限りの雪と日暮れの薄闇の中に宿へ帰る道々、
いきなりゥワッと訪れるあの感覚は何なんだろう?
ボキャブラリーが増えた今でさえ表しづらいのに、
子供の頃なんていったら、ただもう恐怖に泣くしかなくて。

歳を取って段々と落ち着いて、またランダムでもなくなった。
今も時々訪れるそれは、今はお風呂の時がほとんど。
夏には来ない。秋から冬。
色々と実体験で分析すると、どうやら温度差が原因なのかもしれない。
外気が冷たい中に湯につかるとそうした感覚に、時に陥る。
体が自然と震えだし、思考が軽く麻痺して恐怖に満たされ、
一刻も早く湯から出たい、その場から去りたい、
確かな衣服を身に着けて、暖かな部屋の中で布団をかぶりたい。
そうした感覚が一度訪れると、体は温まりづらく、
また逆上せるほどに温まっても、一度外気に晒されると、
そうした感覚が再来しやすい。
一番無難な対処はさっさと湯から上がることだけども、
そうしてもなかなか震えは止まらないもので、
自分でも面白いくらいに震える手をついつい観察してしまう。
けれども、そういう感覚が訪れるのはまだ頭や体を洗う前だったり、
洗っている最中だったりするんだからやりきれない。
しかも湯から上がって、部屋に行くまでが一番強く襲うのだから、
どちらにしても困り果てる。
どうにか乗り越えられないかと対処法を探すものの、
今のところは逆上せるほどに湯に浸かるくらいしかないかなぁ。
幸いなことに今ではごく稀なことだから、
のらりくらりとやり過ごすしかないかしら。

それと同じくらい困ったものが、最近になって訪れてくる。
(もしや昔からあったのかもしれないけれど、あまり記憶にない)
自分にとって忙しくない日(平日・休日問わず)に、
じんわりと暖かい遅い朝、昼、昼下がり……。
天気は薄曇りだったり晴れだったり、雨の時はない。
家の中では…ほとんどない、大体外を歩いている時かな?
空気がゆったりしているような、ぬるま湯のような空気の中、
いきなり倦怠感、厭世観、虚脱感、空しさが襲ってくる。
普段、そういう感覚に悩まされることがほとんどない。
だけれど、いきなり何の理由もなくそういうものがくると、
長い間、それに悩まされ、軽いパニックにもなってしまう。
全く行動ができないし、体も動きにくい。
不思議なことに夕刻になってくると段々と解除されるようだが、
重い場合だと解除されて尚、その日一日はあまり積極的にならない。
元々忙しくない日だから、そう大したことにはならないけれど、
一度だけ、友達と遊びに向かう途中にそれが襲ってきてしまい、
彼女と過ごす時間、長くずっとローテンションで遊ぶことに。
一応説明したものの、理解されることもなく、えらく心配されてしまった。

ほんと、こういう事って説明しづらいものだよなぁ。

20051109174500.jpg


このページのトップへ
旅行に行っていた間の新聞をざっと読んでいたら、
読者コラムのところにこんなあらすじの投稿があった。

投稿者の妹が歩道橋を自転車で渡る時、
自転車を持ち上げて階段を上っていた。
それがいつものやり方で、特に不都合はなかった。
それを見た見知らぬおじさんが、スロープを使ったらと助言し、
妹が両ハンドルを使って上ろうとしたが、重さにバランス崩した。
するとおじさん、「持ち方が違う!」と大きな声で言い、
ハンドルとサドルを持つやり方を教えた(これも大声だったんかな?)。
妹は帰宅して大泣き、自分のやり方で登れるのにいきなりの大声で、
びっくりしたのと口惜しかったのとで、
幼心にいろいろな葛藤があったらしい。
そんな我が子に対して、おかかさまはその子を慰め、
「小さな親切・大きなお世話」と教えたそうな。


すごいもにょった……(´・ω・`)
その子が大声で注意されて、口惜しさとか悲しさとか、
あとびっくりしたのとか、それはもういろいろあったと思うけれど、
それに対して「小さな親切・大きなお世話」って教えるのかぁ……。
なんだかそれって切り捨てているような感じで哀しいなぁ。
そのおじさんも悪気がなく大声だったかもしれないんだし、
子がそうして大泣きしても、もうちょっと教え方があると思うけれど。
せっかく見知らぬ人と繋がった和が切れっちまったような感じで、
うぅ~~~ん、もにょった投稿でした。
まぁ、物騒な世の中だし闇雲に皆が皆親切~でないんだろうけれど、
育て方もいろいろだとは思うんだけれど、

…………………………(´ヘ`;)モンモン このページのトップへ

そういえば、いつのまにかずっと夢を見ない日々だったけれど、
タイに行ってしばらくしてから、よく夢を見るようになった。
その中で、一際覚えている夢がある。
知っているけれども会ったことない人に、
昔の事をとうとうと話していた夢。
とても親身になって、ウン、ウン、と頷いて、
「それぞれの場所に角を埋めてきなさい」と言われたっけ。
その時は、う~ん、そうかぁ…そうねぇ…とかかんとか、
寝ぼけ頭で思ったけれども、帰国して驚いた。
テレビを見ていたら、がっちと符合する言葉がぽんと出て、
あまりの合致ぶりに驚いて、心にするりと入った。
あるんだなぁ……ぶるっときた(((゚д゚)))
何にせよ、本当に今は転換期だなぁと実感中(・ω・) このページのトップへ
タイへ行ってまうため、前倒しで今日行ってきました。
不在者投票って初めてだー。
市役所の食堂は安いね。
ランチ3つとラーメンと売り切れてたけれど。
……選択権なし……。そばかうどんか迷うわねー。

雑談はともかく、選挙権を貰って○年。
年々、選挙についての姿勢が少しずつ整いつつあるような。
初めは……というか、もうほぼ最近までは、
立候補者が誰がいて、その中のそれぞれがどういう主張をして、
誰はどういうことを確実にしようとしているのか、
そういったものが全く見えてこず、
それらを知ろうとしても、どこでそういうのがまとめてあるのか…
それぞれのチラシなどは入っていても、
立候補者全ての紹介文と表明とをまとめてあるものが見つからない。
それぞれのチラシは自分の良いところしか書かないし、
新聞は何だか○○派というのが自然に組み込まれていそうで、
先入観を持ってしまいそうだ。テレビもそんな感じに思える。
それじゃぁ何を信じれば良いか分からんじゃーん。
知らないからこそ、最初の一歩は客観的なものが知りたいよー。
……と、思っていたのですよ。
無知は無敵不敵素敵(ウソウソ・笑)

毎回、投票所に行っては誰が出ていたかを知る選挙……。
お恥ずかしながら、そんなことの繰り返しでした。
けれど、割とそういう人って多いんでないかなぁと思うけれど。
でも今回、何人かから要点を分かりやすく教えてもらい、
なるほどなるほどと、ぐぐっと前のめり。
そのどの方も誰かを、またどこかを支持しているとは思うけれど、
それを押し出さず、あえてここはこうで、ここはこうで、と、
客観的を心がけて説明してくれたのでありがたい。
また、基本的なことから教えてもらって更に納得。
少しそういうのを知ると、一気に新聞やテレビなど、
メディアを見る視点が変わってくるから不思議。
私が単純なだけかしら。
だけど、知らなくて知りたかった事が分かってくるのは楽しいです。
もっともっと色々知りたい……。

ってことで、今回は今までで一番目的意識が確立して、
投票に行けたと思いますー。
……どこが正しく、どこが間違っているではなく、
それぞれに正しさがあって、
その中で自分が何を信じて選び取るかということなんだろう…
と、私は思っているんだけれども、政策を始め様々な議論って、
結局自分が正しいの押し付け合いになるのが、
……。もにょるなぁ……。自分もきっとそうなるからなぁ……。 このページのトップへ
今日、とある駅のホームで電車を待っていた時のこと。
目の前にはこんもりとした緑の向こう側から教会の鐘の音がカーンカーンカーンと響いてきた。
時間の知らせだったのか、それとも祝いだったのかはわからない。
けれど、あんまりに荘厳で、あっちの世界でよく「聖」という言葉が出てくるのも何となく分かる気がした。
寺の鐘の音とも感じ方が違う。
イメージだけで例えるなら、両手を緩く広げてありとあらゆるものと平等に調和しながら光とともに昇ってゆくような、あぁ、うん、そんな感じ。
寺の鐘の音もイメージで例えるなら、ありとあらゆるものから蓄積されていった自分の中を全て取り出して見つめて消化してゆく、自分も他人も何もない、ただその場で広げた掌に何があるのか、何があるようにしているのか、そんな淡々とした密な感じ。
だいぶ個人視点。

水琴窟もいい音だね。 このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。