FC2ブログ

もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

気がついたらずいぶん日が短くなっていた。
多分タイから帰る頃はすっかり寒いんかな。
今年の8月は本当に辛かった。苦しんだ。あがいてもがいて、ただもう自分を思い知るばかりだった。
それでもまだ甘く、ほんのわずかばかりを知っただけなんだろうけど。
この2005年の8月という月を忘れたくない。忘れちゃいけない。
時が経つにつれ、辛かった事も薄れていくんだろう。
自分には甘いもの、そうして知った自分の本質からもまた目を背けるのかもしれないけれど。
だからこそ形として、人の目に触れる所に晒しておこう。
カッコ悪いなァ、自分。
けれど、やっぱり自分でしかいられないんだから、仕方ないわァ。
8月最後のこの日(みんな辛かったきつかった魂痩せ細るほど)を忘れませんように。
スポンサーサイト



このページのトップへ
観る前が実は結構不安だったんですね。
アンとジュリーは出ているようだけども、お相手役は前作の彼氏じゃないようだし。
友達も出ているのかどうか……それとも全く違う扱いになってしまうのか。
こういうのって2が出ると、メインの役以外はがらっと変わって、あたかもそれが最初からそうだったように扱うからなぁとモニョリと思っていたのですよ。
ところが!
そうですね、お相手役は確かに変わっていたんですけれども、最初にさらっと流すように説明されたんですね。
それがあんまりに自然な流れだったもんで、あぁ、そうなんだぁ、とまるで友達から話聞いているようにこちらも自然と受け入れてしまいました。
今回の流れは既にプリンセスが板についていた主人公が女王の座を巡るすったもんだの話。
友達もプリンセス友達ばかりなのですね~。
悪くはないんだけど、いまいち個性がないなぁ……パンチに欠けるなぁ…と思っていたら!
出た出たっ、出ましたよ! 前作のお友達!!ヽ( ゚∀゚)ノヽ(゚∀゚ )ノ
けれど……あぁ、ポイント、ポイントをしめてはいるけれど、やっぱり前作に比べると影が薄いなぁ。
友情があまり見られない……見られるんだけど、物足りない(=TωT)
彼女のパンチが効いた素っ頓狂もあまり見られず、寂しいなぁ。
でも、相変わらずです。細かに入ってくる笑いポイント。
主人公のドジも笑えるけれど、やや無理に入れてるかなと感じるところもあるというのが本音。
でも代わりに周りの人物の笑いポイントが受けるんですよー。
お城の給仕達がナーイスっ!・゚・。 ・゚・(ノД`*)・゚・。・゚・
女王様相変わらずナーイス!!
ナイスミドルのジョーがつてき!!(こちらも前作もすごく渋かったです。今回は前作以上に渋い……つてき)
……ん~、単品としては普通に面白かったというのが感想のこの作品。
でも1と併せて観るなら、ちょうど良いバランスかもしれません。
まぁ変身の楽しみは1で済ませてしまいましたからね。
今回はこれくらいでいいのかもしれません。
何より、社交界のドレスが素敵だったから……もうそれだけで十分ですわ(ノー`*)

プリティ・プリンセス 2 ロイヤル・ウェディング 特別版

プリティ・プリンセス 2 ロイヤル・ウェディング 特別版

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/07/20
  • メディア: DVD


このページのトップへ
学校でも皆に注目されないのが当たり前。
ベンチに座っていても、そうと気づかず男の子が上から腰かけてくる。
そんな冴えない女の子が、ある日、一国のただ一人の血の繋がった跡継ぎだと知ったらどうなるか?

いやいや、もうすごーくすごく大好きです! 面白い!
何が面白いって、その冴えない女の子ことアン・ハサウェイがツルンと変身してしまうのがいいんですよーっ!!ヽ( ゚∀゚)ノヽ(゚∀゚ )ノ
眉はぼさぼさ、髪もバサバサ、眼鏡は黒ぶちの彼女が、たった一日でここまで化けたか!と!
まぁ…何だ、変身直後のメイクは濃すぎるけれどね……(´ー`;)
パオロはりきりすぎ。
そして、仕草もごく一般的な女の子の彼女が、祖母であり女王でもあるジュリー・アンドリュースに教育を受けるのですね。
最初は先生と教師というような関係の彼女らが、段々と祖母と孫娘といった情を深まらせていく様にホワワンとなりつつ……。
そして、上品かつきびきびとしたジュリーが時折見せるお茶目な台詞や仕草がよいのですよ、そのギャップが!
加えて、主人公の友人がいい。
姿も言葉もイカレテいる友達なのですが、主人公との絡みを見ていると、あぁ、良いよなぁ……女の友情(ノー`*)と、こう肩肘突いてくっくっと笑ってしまうような気持ちになってしまうのです(分かりにくい?)
学園生活も恋愛心も、何だか青春しているのですよ。ザッツアメリカン青春(多分)
最初から最後まで軽いノリで笑って見られて、終わり方も非常に気持ちよいものでした。
なので、すごーくすごく大好きな映画ですよー♪
DVD欲しいなぁと思いつつ、未だ手に入れていないのは、ただ私が無精者なだけでしょう。あっはー(=TωT)

プリティ・プリンセス 特別版

プリティ・プリンセス 特別版

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/07/20
  • メディア: DVD

このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

07月 « 2005年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -