もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

そういえば、いつのまにかずっと夢を見ない日々だったけれど、
タイに行ってしばらくしてから、よく夢を見るようになった。
その中で、一際覚えている夢がある。
知っているけれども会ったことない人に、
昔の事をとうとうと話していた夢。
とても親身になって、ウン、ウン、と頷いて、
「それぞれの場所に角を埋めてきなさい」と言われたっけ。
その時は、う~ん、そうかぁ…そうねぇ…とかかんとか、
寝ぼけ頭で思ったけれども、帰国して驚いた。
テレビを見ていたら、がっちと符合する言葉がぽんと出て、
あまりの合致ぶりに驚いて、心にするりと入った。
あるんだなぁ……ぶるっときた(((゚д゚)))
何にせよ、本当に今は転換期だなぁと実感中(・ω・)
スポンサーサイト
このページのトップへ
はい、ということで、結局オール明けでスタートでした!(T▽T)
ブログを更新した後、荷造りやらカメラのデータを保存するやら
加えて、起きてきてしまった知人に何故かまたパソ講座をするやら、
すると旦那さんまで起きてくるやらてんやわんや。
荷造り・身支度を整えたら、もう3時15分くらい。
強烈な眠気にうとうときてしまいますよー(=TωT)ノ
帰りの荷物は持ってきた小さなトランクにぱんぱんのお土産、
でかい紙袋に身の回りの物やら服やらと、
やや大きいリュックに余った荷物を詰めた3つ。
見た目は少なめですが、その分中は重いです。特にリュク。
背負った途端にふらっと足取り怪しくなるほど重い!!(゚д゚)

飛行場までの車の中は夜明けのバンコクの街並みが綺麗。
見納めだ……とぼんやり外を見るものの、記憶が曖昧です。
夢とうつつを彷徨って空港に到着。
知人夫婦共に見送りに来てくれました。ありがとー(T▽T)
チェックインから出国審査の入り口まで見送ってくれて、
しかも免税手続きの第一弾も付き合ってくれたんで、
もうすごい頼りきりの出国でした(´ー`;)タハハ
今回の反省点は結局最後まで、
流れを確認しないでぶっつけ本番だったことかなぁ。
やっぱり計画は大切だわ、あと流れの把握も。イクナイイクナイ。

出国審査をするっと済ませ、免税手続きでお金を受け取ります。
2242バーツ帰ってきました、ホクホク(゚∀゚ )
2バーツは両替できないから取っておいて、
お菓子を買ったらとうど240バーツ。
残り2000バーツを両替所に持っていたら、何故か「NO」とか言います。
何故だろうと戸惑った顔をしていたら、何やら行った後に、
5千円札をぴらっと見せて2000バーツを受け取りました。
あ、良かった、両替してくれると思いきや、返ってきたのは5千円札1枚。
残り数百数十バーツが手元に戻ってきます。
わっけわからないよー!とか思っていたんですが、今考えると、
多分、あそこの両替所にその時点で5千円札しか入っていず、
だから両替できない、でも5千円だけなら両替するよ、と、
言っていたんじゃないかなぁ、多分、きっと、もしかして。
まぁ、もう考えるのも面倒くさいんで、
その余ったお金はいつかのために持って帰る事にしました。

さてゲートに来ると、ぷち手荷物検査。
免税店でお菓子を買った事を告げて、するっとスルー。
いつも思うんですが、英語で何番から何番って言われて、
搭乗口に並ぶ、あの時間がすごい苦手ですーーーー(T▽T)
だってわからないんだもん、早口だし、どのクラスかも不明。
結局搭乗口でプラカード下げている人を探してしまうわ。
良いんだけど。
今回はトランクは預けてしまったので、手荷物はリュックと袋。
袋は戸袋に上げて、リュクは席の下へ。
何ていうか……外人の男の人ってホント自然に親切ですね。
あらよっととか言って上げてたら、横から手伝ってくれました(・ω・*)
今回も窓際、横に座るのは多分欧米人の勤勉そうな男の人。
機内で半袖を着ているくせに毛布を最初から放棄した、
私から見たらチャレンジャーです(゚∀゚ )
強烈な眠気にうとうとしていると離陸の瞬間。
一気にスピードアップする機体に、恒例の祈りの瞬間。
(事故にあいませんように堕ちませんように万一が起こりませんように)
隣の男性はこれまた眠ってました……これもまた恒例?(T▽T)
でもって、浅い眠りをうとうとしていたら、
イヤホンが配られるわお絞りは配られるわで、律儀に受け取り、
挙句にカートにしこたまジュースを載せたお姉さんがきたので、
あぁ、ドリンクサービスか、オレンジジュースにしておこう、と
眠さにぼやける頭で考えていました。
お姉さんが何か聞いてきたので、何も考えず「オレンジジュース」と言います。
お姉さんが更に何かを聞いています……あれ?(゚д゚)メガサメタ
そう、違ったんです、ドリンクサービスじゃない。
緊張のあの瞬間、食事の選択の時間だったんですよーーーー!!!
しまった、全然聞いてなかった、今回保険がない!!(゚д゚;;)ピピピピンチ
3回くらい聞き直した「~~~~ポーク、ライス~~~~~」と聞き取れました。
なので「ライス」と答えたら、豚肉のおかずのご飯セットが到着。
次の質問で、ようやくオレンジジュースも答えられました……(T▽T)
隣の兄さんはソーセージの盛り合わせみたいなのを取ってました。
……あぁ、赤っ恥~~……(;´Д`)
…………まぁ、いっか(・ω・)

機内でとろとろ居眠りを1時間したら、目が冴えてしまい、
映画「リロ&スティッチ」を観て危うく涙ぼろぼろきそうになったり、
アルバムの整理をしたり、窓の外を見ると外は午前~昼なので、
くっきり海や陸が見えます~~。
まだ行ったことないベトナムの大地も見られましたよ♪
途中で見下ろした遺跡らしき影が気になりつつ……
そんなんしていた、あっという間の日本。成田です。
席から出るタイミングを待つ私に、隣の兄さんが荷物を取ってくれました。
……。……いいなぁ、見習おう……(T▽T)

さて、入国審査の前にアジア帰りには検疫があるのでした。
それらもサクッと済ませ、入国審査も割とさくっと済み、
荷物も実にスムーズに受け取って、無事ゲート通過後、
身なりを改めて整えたら、あっという間に電車です。
……厚手の長袖カーデガン……暑い……(;´Д`)アリ?
今回も京成の鈍行。
ただいまメールに即お帰りレスをもらって、ちょっとほろり…(TωT)アリガト
今回は速さより乗り換えの距離の近さと確実な座席確保を優先。
ずっと席に座ってられましたよ~、階段の上り下りもゼロ♪
駅からは歩いて帰りましたが、夕方からは一気に寒いね!!
ササササブイ……と震えながらの帰り道、何となく感じたこと。
そういえば、タイに行った時もあまり外国と構えないで入国し、
日本に帰った今も、特に懐かしいとも感じていません。
気分としてはちょっと遠出の国内旅行に少し行っていたような…?
フライト時間が短いからか、知人の所へ滞在していたからか、
まぁ、それはよく分かりませんが、するっと日本に馴染みました。
不思議ー。

さて、これで長い私の旅の記録は一応閉じます。
あとでまとめを少し書くかも知れませんが。
記憶はすぐに薄れていくので、こうしてまとめましたが、
これも知人のパソコンを借りられたからだなぁ……。
やっぱり普通にだったら、ここまではまとめられないや。
だけど、今回改めて強く思ったのは、もっと外国行きたいや!と。
強く強く思いました、もっと知らない色々な生活を見たい。
遺産といわれる場所も見てみたい、綺麗な景色に出会いたい。
面白いと思えるものは経験したいし、
どんな所でも多かれ少なかれ何か感じる物があるはずです。
これから次第だけど、1年に1回、もしくは2年に1回、
ちゃんと外国に行くよう、自分の中で設定したいなぁ、と。
でもまずはとりあえず、これで外国熱も少し治まりました。
次の火種が埋められたとも言います。
あぁ、次は国内に行きたいなぁとむくむく思いつつ、
まずは目の前のことかなぁ。
コメントやトラックバックなどしていただいた皆様、
本当にありがとうございました~!! このページのトップへ
夕べはくたくただったんですが、約束だったんで夜中ににわかパソコンスクール。
知人にばしばしと技を伝授しちゃいますよー。メモの達人でございます。
何のかんのと眠ったのが2時くらいだったんですが、
まだパソコンスクールが続いていたのか、5時にまた起こされました。。。
頼むよ、知人……(TωT)まぁ仕方ないけど

さてさて、とうとうタイで自由に過ごす最後の日でございます。
今日は最後のお買い物という事でラストスパート!
気合を入れて向かったのはマニキュア屋さん(えー?)
いや、知人と共に前から約束していたところ、
折角だから日本に帰国する直前に行こうと思っていたのでございます。
朝の10時半に予約を入れたのですが、入ったら既に盛況。
2階に通され、店員さんを待つ間、パンフレットを閲覧。
うっわぁ~~~(T▽T) コレは迷う! 迷いますよ!!
素敵なデザインがずらっと何ページにも渡って並びます。
正直……やってみたいのが2~30あるんですけど……。
悩んだ結果、知人と共にデザインを決めました。
お互い手は全てに、足は親指だけ、ペイントをお願いしました。
工程は手足共に同じ流れです。
試し塗りで色はこんなんなりますわーと見せてもらってから、
まず綺麗に洗い、爪切りで形を整え、やすりで滑らかにし、
爪にクリームを塗って、甘皮を綺麗に取り除いていく。
ベースコートを塗って、カラーを塗って、トップコート。
乾くのを待つ間、クリームを塗って丁寧に揉んでくれます。
そして乾いた頃にちょちょっと手早くペイント。
うわ、それを使うのか!という技を見せてもらい、
トップコートを塗ったら、後はひたすら乾くのを待つだけです。
はぁ~、もうあまりの可愛さにくらくらですよ。
これら全てをして、チップを合わせても日本円で約1000円。
(ちなみにタクシーは15分くらい乗っても50バーツ)
すげぇ……(ノー`*)
THAI60.jpg


お昼はSAMURAIという日本料理屋さんでランチ。
そば・うどんやどんぶりなど主食をハーフサイズで2皿、
小鉢のおかずを1皿、ジャスミンティーのセットが200バーツ。
安ぅ~~(´Д`)~3

そして、ここからは知人と別れて一人行動ですよ!
BTSの乗り換えももうばっちり!(・ω・)b
ちょっと間違えたけれど、モーマンタイ!
ナショナルスタジアム駅で降りると、目の前には東急が♪
あちらこちらでうろうろと買い物をいそしみ、
ワコールで知人に頼まれた買い物の残りをがつんと買い、
(実は帰りの荷物の大半はこのワコールが占めました・苦笑)
靴屋でエキゾチックな靴を買い、小物もこれまたちょぃちょぃ買い、
何だかんだとがつがつ買ってしまいました……。
あはは、まとめてあった荷物はまた詰めなおしです(T▽T)

今日の夕飯は知人夫婦と最後の晩餐と言う事で、
帰宅時間が決められております、急げ急げ……!!
と、思いつつ、帰りにエンポリに寄ってしまいました。
あ、足が勝手に……(゜∀゜;)
そこでアクセサリーを買って、もう大満足。
これで本当に終了でございます~~~。

晩餐はホテルの中という事で、久々のおしゃれが出来ます♪
実際、タイでおしゃれしても全然大丈夫だとは思うんですが、
動きやすい機能的な格好重視の日々だったので、
もうがっつん気合は入りましたよ~~♪
上から下まで全てタイで買ったものでそろえました(笑)
あ、腕輪はカンボジアか。
向かったのは美味しいタイ料理をで有名な「basil(バジル)」というお店。
すっごいおっしゃれーーっっ♪(ノー`*)
3人で浮かれ、浮かれた挙句に酔った知人に笑い転げ、
美味しくてそして辛いタイ料理に舌鼓を打ち、帰りはお腹ぽんぽんです。
うぅ、苦ちぃ……(;´Д`)

これで本当におしまいです。あとはもう日本に帰るだけ。
もう何から何まで本当に充実した日々でした、満喫しました、タイ!!
とはいえ、まだやり残しは沢山あるんですよ。
20日間もいて、ワットポー、ワットアルンも見てないってアンタ(ノД`)
タイの舞踊も見ていないままだわ……(゜Д゜)
ビーズバッグとかも探したかったけれど、いいんですいいんです。
どうせまた来るんだろうから、気楽な気持ちで帰りましょう。
帰ったらこれまた考える事たくさんですが、今は考えない(ノー`;;;)

さて……ここで衝撃的な事実が。
本日のアパート出発時間、3時半、でございます。夜中の。
起床は2時半、の予定です。
ただいまの現地時間は……れ、0時……。
…………オールですか…………?(TωT)
しかもこちら本日の最高気温30度だったんですが、
日本は23度だそうですね。あの、寒いんですけど。
……色々慄きながら、19日目、無事終了~~。
このページのトップへ
今日・明日はお買い物デーでございます。
ということで、本日はまずエンポリアムにてでかい買い物を!
某ブランドショップにて服を一つ買う予定だったのですが、
何故か2つも買ってしまいました。きゃーっ(ノー`;)
お値段は恐ろしすぎていえません。
でもめっちゃ素敵……清水舞台ですか、ヒィィィイ(;´Д`)
この買い物のおかげで初・免税手続きをすることになりそうです~。
ぅひ~、今回は色々と経験するなぁ。

午後はチット・ロム駅まで出て、セントラル・ワールド・プラザまで行きました。
何か面白い物があるかなぁとあちこち見て回り、
秋っぽい服や靴やバッグに指がわきわきします。
そして髪飾りをまた買ってしまいました~(ノー`;)
あんまり安くなかったけれど、挑戦挑戦。
知人に勧められ、向かいのBigCとかいうショッピングモールにも行き、
そこでファシオの化粧品をしこたま買い込みます。
だって、めちゃ安い~~~(T▽T)タブン
後で日本で確認してみますが、結構な安さだったはず。
日焼け止めからファンデからアイシャドーから色々揃えてみたり♪
他、ストールも買ってみたりしていると、もうタイムアップ。
毎日タイムアップとの戦いでございまする。

帰り際、パン屋やスーパーなどの他、写真屋で現像をお願い。
デジカメデータの現像、1枚5バーツ。
日本でやったことないんで、高いんか安いんか不明(・ω・)誰か教えてちょ
今までの分、大量にある中で厳選し、180枚近く現像。
明日、近くの店まで来るので、その時に受け取るのです。
楽しみ楽しみ(゜∀゜)♪
やっぱり画面で見るのと、目の前で見るのは違うからね~。

今日はシンプルにまとめてみました。
デジカメ持っていかなかったんで、楽~。
買い物大好きなんで、大変楽しゅうござんしたけれども、
ただ唯一の難点は、ブランドショップ巡りのために
今日はおしゃれサンダルを履いていたのですね。
朝出て夜の帰り、アパートの着くと靴擦れしてました。。。(ノД`)
まぁ、それくらいなものです。
大分こなれてきながら、お腹も徐々に回復しながら、
残り僅かの18日目も無事終了でござります~(^o^) このページのトップへ
ということで、本日は知人夫妻とともにパタヤーへ行ってきました~!
5時過ぎ起床……うぅ、また4時間睡眠だ(;´Д`)コリナイ…

ところで、昨日腹の調子云々と書きましたが、本日も引き続き悪く……
というか、どうしたんだろう、何を食べたんだろう。
胃腸は大分丈夫なんで、ずっと引きずっているのが不思議だったんですが、
どうやら知人旦那さんの話によると、こちらに来ると皆そうなるそうな。
早い人は2,3日で調子を崩すし、平均したら1週間で崩すようです。
そうやって環境の変化に対応していくそうな。
そっかそっか、私の胃腸は丈夫とはいえ普通だったのね。
カンボジアとか行って、よく2週間も耐えた!(・ω・)=3
……やっぱり日本人は心身ともに心身ともに細かいのかもしれませぬ。

さて、パタヤーにたどり着いて、一番最初にしたのはパラセイリング
ボートに引っ張られて、ふわんと空に舞い上がる凧のようなものです。
車から下りた途端、どこからともなく現れた青年に声を掛けられ、
あっという間に交渉成立。
モーターボートで海上にある離着陸の所まで行きます。
ボートから降りてみたら、そこは人、人、人の坩堝。
目算で約50人あまり……え、これに並ぶの?Σ(゜□゜;)
と思ったら、そこは流石タイ?
私達は400バーツ出したんですが、列に並ぶことなくスイッと順番が回ってきました。
他の人より値段が高かったのか、それとももうツアーに組み込まれてる大勢の客より
その場の客掴みを優先させたか……。
どちらにしてもタイは全てマイペンラーイなのかもしれません。
日本はないなぁ……秩序とルールとマナーを重んじて、順番順番、真逆だ(・ω・)
THAI55.jpg


ということで、器具をつけて「ハシレ!ハシレ!」と言われたんで、2,3歩走ったら
ふゎぁ……っと! 飛びましたぁ~~~!!!(T▽T)
すごいすごい!
青い海と、白い雲と、青い空と海岸と、回り中パラセイリング!(゜∀゜)
離着場があちこちにあって、そこら中で一周して飛んでいます!
濡れても構わない人は飛んだり、海にジャボンと落ちたり、また飛んだり……
私は濡れたくなかったんで、空高く舞い上がりましたよ~~!
下見たら、遠くに海でちょっと恐いよ~~っ(゜∀゜;)
あっという間に下りてくると、知人と一緒ににこにこにこにこ、
もう笑顔が止まりませんでした、楽しかった!

次に向かったのは、近くの遊園地。
どうやらそこが運営している海やプールにも出られるらしいですが、
腕が満遍なく焼けど状態で水着は自殺行為ですな。水着自体持参せず(・ω・)
園内には動物の植木があるのですが、流石タイ。やっぱり象メイン(゜∀゜)
THAI56.jpg

300バーツでメリーゴーランド、回転ブランコ、モノレールなど5種が乗れるか、
(メリーゴーランドが楽器の形の乗り物に鍵盤の床で可愛いんですよ~)
バイキング・ミニジェットコースター・フリーフォールの3種が乗れるか、
……ここはやっぱり、絶叫系で(ノー`*)←絶叫好き(笑)
初めにミニジェットコースターに。くるくる回転しているオブジェみたいな物に
ジェットコースターがくっついて上まで回転しながら上げられると、
あとはもうお決まりの絶叫コースですよ。揺れも厳しいわー(いたー)
何故か、帰ってきて、また行ってきました。2回……(タイだから?)
次に乗ったのはフリーフォール、10時前に到着だったから準備に結構待ちました(笑)
そして乗ってみたら、っぴゃーっっと一気に上がって、下がって、また上がって下がって。
景色がすごい綺麗でしたよ~~~♪
青い海青い空白い雲水色のプール、リゾートー♪(゜∀゜)
そして、こちらもやっぱり2回……タイはサービスがいいんです(そういうこと?)
最後に乗ったバイキング、こっちは普通に面白かったー。回数も1回。
何のかんので、結構楽しんじゃいましたよ♪
他に管制塔みたいな高いところから、モノレールで下りるか、
ジェットコースターみたいので下りるか、パラセイリングみたいに人の生身で下りるか、
よく分からない、なかなか安全基準厳しそうな物もありましたよ。
挑戦したかったけれど、今回は見送りました。

さてさて、私は海を静かに満喫する一日でも良かったんですが、
海底っぽい水族館もあるということで、そちらにも行く事に。
10バーツで買ったチュッパチャップスを舐めながら見回ると……
あぁぁ~~♪ このタイプの水族館、ずっと行きたいなぁって!
ずっと行きたい~~!!と10年位前から思っていた水族館!!
最近、また行ってみたいなぁ…って思いが再燃していたけれど
わぁ……こんな所で念願叶っちゃった……(T▽T)ウレシー
大きなエイや、サメ、サメのストーカーのようなサメ?
綺麗な魚がたーくさん縦横無尽に泳いでいきます……綺麗ー!
THAI57.jpg

思わぬひと時をたっぷり堪能……腹減りましたー。

お昼は海に見えるところで食べたいーということで向かったら、
リゾート地から離れた石油の発掘所?の近くにたどり着きましたよ。
でもここで海老の丸焼きや卵豆腐のスープやチャーハンを食べたんですが、
美味しかったんですわ、これがまた……海老が新鮮!(ノー`*)
THAI58.jpg

しかも景色が……超絶景……(T▽T)シミマス…

最後に向かったのはどこだかの果樹園。
このエリアでは丘陵地帯のため田んぼが作れず米が作れない。
なので、その代わりに果樹をたくさん植えて成り立っているそうです。
そんなわけで、専用の車に乗って出発進行~!!
途中に試食場が設けてあって、ランプータンを座席にいっぱい置かれます。
更に次の試食場(写真・左上)ではパイナップルからスターフルーツ、マンゴー、
ドラゴンフルーツ、ドリアン、竜眼、ぶどうなどなど、たくさんのフルーツ食べ放題!
THAI59.jpg

ドリアンも約20年ぶりに食べましたが……、あぁ、うん……(;´Д`)
美味しいんだけど、臭いんですよ……(ノД`)
何だかの樹液を採っていたり、でかいドリアンが木にぶら下がっていたり
(ちゃんとね、落ちないように紐で補強してあるんですよ……)
そのドリアンの赤ちゃん(写真・右上)も見たりして…こんなにあっても、
最後には1つにまで間引きしていくそうですよ。
そうそう、マンゴーは左下の写真を見てください~。
こんな風になっているんですよー、食べた事は多いけれど、初めて見ました!
色々と新しい発見があったりして感動♪
途中で可愛いころころした犬と戯れ、試食場で眠っていた犬(写真・右下)は、
知人が散々じゃれついて悪戯しても全く動じず、ねみぃよ…とだるそうに。
けれど運転手さんも一緒に果樹を耳に乗せたりしだすと、段々のってきて、
遊ぶ?遊ぶ?と好奇心いっぱいの目でのんびりと身体起こすのが可愛い。

バンコクに戻ってからの晩ご飯は日本料理。
やー、もうお腹いっぱい堪能して、充実満点の休日でしたー!
それにしてもお腹の調子に振り回された一日……ぬーん。
けれど2週間もったってことは、それまでに帰ればセーフ?
懲りてません、懲りる気もありません、着々と次を考えています(笑)
虎視眈々と十七日目も無事終了~(・ω・)b
このページのトップへ
本日はめちゃくちゃ眠く……(;´Д`)
朝っぱらから大変起きるのがきつぅございました。
やっぱりあれだ、旅疲れががっつりときているんだ(がくぅ)
でもダメだ、負けちゃっ!(T▽T)あとちょっとだもん!
午前中に知人が仕立て屋に受け取りに行ってくれたそうで、
3着の服は無事に手元に……ありがとうありがとう(ノー`*)
っていうか、やっぱり可愛いなり、えへへーv
うまく着こなせるかは別の話……。

さて、ということで、今日は昼過ぎにお家を知人と出ました。
まず向かった先はサンデーマーケットウィークエンドマーケット
どっちか分からないけれど、週末の市場ですよ。
ホームから見たどこかの駐車場は、すごい車の数……。
もしや、これ、皆遊びにきた人の車なんじゃ……Σ(゜□゜;)ヒィ
THAI53.jpg

BTSの駅を下りると、既に外は人が大勢流れていく。
そして、少し歩くともう……! もう!!
RPGゲームに出てくるような市場が、ものすごい数で
広大に広がっていますよー!!

表にある店はほんの一部、中に潜れば潜るほど、
ありとあらゆる品々が、お得な値段、ちょっと手頃な値段、
普通の値段、高い値段で売られていますよー!!
けれど、テントの中は風が通らない。
だから、中に入ると、まずむわっと熱気が……(;´Д`)アヂィ
それとですね、中で動物も売買されているんですよ。
犬やらリスやらハムスターやら色んな生き物が。
何かどうしても可哀想でね……、はぁ。
暑いところだから毛並みもそれに対応してくるようだし、
病気しているような感じもずいぶん多く感じました。
需要と供給と日々の生活……仕方ないけれども…、…やりきれないなぁ。
大層多くの物に目を奪われんながら、ここで買ったものはそうなかったです。
というのは、ちょっとこの日はあんまりに天気がよくて、日差し強く、
外も中も相当暑くてグロッキー、その上、
本日ちょっとお腹の調子が悪くて……(^_^;)
一日中怪しげな身体を引きずっての行動だったので、
何とも頼りない買い物でした。たくさん良いのあったのに……っ(がくぅ)
THAI54.jpg

とはいっても、何のかんのと買うものは買いました。
まず、かわいらしいカメオのネックレスに、
ANASUIっぽい黒のコンパクトミラー(普通と拡大鏡の2連コンボ)、
夏用の透き通った感じの黒の服と蚊取り線香型のお香、
それに髪飾りでござんす~。ほぼ値切りました。数十バーツだけど。
値切るのに大分抵抗がなくなりました、あはは(^_^;)
色んな可愛いのが他にもあったんですよ~、
ちょっとロマンチックな感じの和風ランプとか靴とか!
でも荷物になると考えると、どうにも二の足……。
アクセサリーとかは時々数十個買っているお客さんもいて、
お土産か、お店へ卸すか、さて、どっちかしらなんて考えたり。
体調がもう少しよくて、更に時間もあったら、
もっと色々と買いたくなっただろうなぁ……(笑)
気の合う友達と来たら、楽しそうな場所だと思いつつ、
時間に終われるようにして市場を後にしました。

さて、もうすぐ夕方という時分、向かう先はBTSのチッド・ロム駅。
駅から競歩のように歩いて、走って、駆け込みで辿り付いたのは
伊勢丹の中にあるコーセー!
そう、このコーセーで本日はエステを受けるのですよ~~♪
何にしようかとメニューを見比べ、知人は美顔コース、
私はボディーコースを選びました。
どちらも1時間半でお値段1470バーツずつ。
高いけれど、日本はもっと高いから良いの(・ω・)ジコアンジ
まず個室に連れて行かれると、そこには不思議器具と、
整骨院に置かれているようなベッドが一つ、奥にシャワー室。
担当者に片言の日本語・英語で、シャワーキャップをつけて身体を流し、
渡された新品のパンツ一丁で待っていてください、と言われました。
ドキドキしながら、身体を流してバスタオルを肩にかけて待つと、
担当者さんが再び部屋へ入ってきて、うつぶせになるように、と。

まずはボディスクラブでございます。
茶色の結構粗いつぶつぶを体中に擦り付けていくのですが、
おろろん、結構じゃりっとしていて、痛気持ちいい(ノー`*)
足の方から丁寧に丁寧に揉み解されていきます。
あの、太ももとか二の腕とか集中的にお願いします エヘ(*・ω・*)
前も後ろも全身をスクラブでじゃりじゃりに揉み解された後は、
そのまま腰をかけるタイプのサウナに15分くらい入ります。
首だけ出しているので、ほんのりギロチン気分……(ノー`;)
10分も経つと、いつのまにか身体中が汗でびしょ濡れです。
15分後に出る時には、担当者さんもウワーとびっくりでしたが…
あの、これ、普通の汗の量ですよね……?と内心恐々。
そして、シャワーで綺麗に汗を流した後は、
また寝台に横になって、オイルマッサージを全身に。
っていうか、本当にマッサージなんですね。
ちょっとこう、スパみたいな、撫でるようなのをイメージしていたんですが、
めちゃめちゃ解されました。痛気持ちいい~~~(゜∀゜)
最後はトリートメント。香り漂うお水を全身にスプレーし、
それを手のひらで馴染ませていったら完了。
何だかあっという間の1時間半でした。
でも、サウナ後のシャワーから実感していたんですが、
も、全身つるっつるのすべすべっ!!Σ(゜□゜;)スゴイ!
外に出るのが嫌になるほどでしたよ~(;´Д`)~3

ところで、この日は人が多い入り組んだ市場に行くと言う事で、
迷った時用に知人から携帯を渡されていたのですが、
エステ中にいきなり鳴り出してびっくりですよ。
とりあえず、別部屋の知人に渡してもらったんですが、
どうやら旦那さんからの電話で、急遽わいわい大勢で飲み会との事、
知人と私においでおいでをしているようです。
しかもめっちゃ時間が迫っているとの事、って、おーい!(^_^;)
知人は強制参加なので、帰りの足は超・急ぎ足。
あああぁ、ただでさえ暑い外なのに、汗をかいてしまう~~(涙)
っていうか、行きも駆け足だったーーー(;TДT)
お腹の調子も優れないとのことで、私はアパートで留守番。
いやはや、何だかグロッキーだっていっている割に、
今日も活発に急ぎ足で一日が終わってしまった……。
つ、疲れた……(T▽T)
明日はパタヤーに遠出です。綺麗な海v 綺麗な空v
海は気持ちも身体もまっさらに浄化してくれるとの事。
ちょうどいいので、さらっさらに浄化してもらいたいわ(・ω・)

あああ、ようやく日記が追いついて、一安心……。
ということで十六日目も無事に終了~(へとへとり)

このページのトップへ
はふぃ~~(´Д`)~3
さすがに旅行疲れががつんとたまってきましたよ。
今日も筋肉痛、ですよ(ノД`)アイタタタ
ふくらはぎが痛むもんだから、アップダウンがことさら厳しい。
でも張り切って!今日も参りましょう~~♪
今日は昼前にアパートを知人と出て、まず向かう先は仕立て屋さん。
ここで、初!バス乗り体験をしましたよ~。
知人に言われるがまま道路を渡り、バス停で乗りましたよ。
って、おーいっ!!Σ(゜□゜;)
う、運転手さん、ドア!ドア開けて走っている!
THAI50.jpg

慌てる私に知人が教えてくれたのは、タイのバスは運転手により、
ドアを開けたまま走る人もいるそうな(というか多いそうな)
その方がバス停以外でも乗り合わせることが出来て便利とか。
いや、えーと、そうだけど……あ、危ない……。
危ないと言えば、運転手さんによっては急発進・急ブレーキらしい。
バスに乗るとすぐに乗務員さんが代金を取りに来て、紙片を渡します。
下りる時は数ヶ所に設置されているボタンを押すと、
黒電話のようなベル音がジリリリンッと鳴って次のバス停で停車。
窓は全部開けてあって、排気ガスが臭い……けれどおもろかったです~(笑)

さてバス停から降りて仕立て屋に向かう途中、
いやー、この通りには服屋さんがたくさんありまして、目移りまくり。
可愛い服が手頃な値段で売っているんですよ~(ノー`*)
黒地に赤い花柄がシックなロングスカート(長いスリット入り)を見つけ、
それが知人にぴったり!(゜∀゜*)
その上も合わせて見立ててみたりして。
服に目を取られていると親子猫発見! 可愛い~っ(^o^)♪
THAI51.jpg

ここだけ回っても飽きないところですが、いかんいかん、今日は忙しい。
急ぎ足で仕立て屋のリナさんの所へ行くと、出来ていました~(*>ω<*)
マイプロデュースの可愛い子ちゃんたちがっ!(いわゆる親ばか
恐々と着てみたら、サイズもハイハイ、大丈夫でした~! ヨカタ…(´Д`)~3
形も可愛く出来てましたよ、すごい不安だったんですが!
ワンピースとスカート2着作ったのですが、スカート2着は丈などを調整してもらい、
ワンピースと一緒に明日受け取りとなりました!
あぁぁ~、着る日が楽しみですよ~(ノー`*)
思わずリナさんと記念撮影したりして。

おされな割に安いカフェでおいしいランチとスムージーを食べた後、
(アイスパフェが50、スムージーが60、ランチが確か70バーツくらい)
次にBTSと地下鉄で向かう先はチャイナタウン
でもねー、これが迷って迷って迷って(ノД`)
知人と一緒に地図を見比べながら迷いながら辿り付いたチャイナタウン!
うっは♪ 手頃な値段の小物がたくさんです~~♪♪♪
髪飾りからブローチやネックレス・イヤリング、文房具から野菜・果物、
造花やドライフルーツ、扇子に爪のストーンに飾りボタンまで、
ありとあらゆる物が狭い通路に軒先並べてぎっしりと!
そしてその狭い通路に人もこれまたぎっしりと!!
しかもその中を屋台が物を売って通っていくからびっくり!Σ(゜□゜;)
いや、大通りもあるんだけど、その他の小通りもたくさんあってね、
どこをどう通るか迷いつつも、ひたすら歩いている結果、
小さな通りをずっと突き進む選択肢になっていたみたいです(・ω・)
ところで、左下の写真、見えますかー?
とある文房具を売る店で、通りに面した大きな棚に威風堂々の猫さん。
えー、ちょっとちょっと、めっちゃ商品、尻に敷いてまっせ……(゜Д゜)
THAI52.jpg

猫は気にしない。
人(店主)も気にしない。
しかも皆につんつくつんつく突付かれているんですが、
猫さん、全然動じません……年季入ってるね、姐御!(゜∀゜)
そんなこんなと色々堪能しながら帰り道を急ぎ突き進んでいたら、
どうやら帰りに乗る予定だったBTSの駅から
真逆の方へと帰り道を急いでいたらしく(゜Д゜)ピンチ…
地図を慌てて確認したら、川が近かったので
思いっきり色々と堪能した後は、船での帰り道。
バスやBTS、地下鉄はごみごみと排気ガス一杯の町中だから、
なるべくゆったりした船でよかった……と、知人。
お気遣いありがとうございます~~(ノー`*)
船バスは現地の人も観光客もよく利用するらしく、
皆揃って景色に見入っているのが面白かったです。
なんにしても気持ちよい帰り道でした。

そんなこんなで堪能しまくって帰ったのはもう暗くなってから。
やー。すごい、めっちゃ歩き回った1日でした~……。
そろそろ筋肉痛が取れるといいなと願いつつ、
終わり近くなってきた十五日目も無事終了~(;´Д`)
このページのトップへ
遺跡を歩きながら、ギャンナさんと色々話しました。
カンボジアの今の状況について、色々と。
カンボジアでは義務教育がなく、学校はフリーで通えるものの、
学校に行くと、家の手伝いをすることができません。
自分が働かないと家が回っていかない状況の家庭の場合、
やっぱり行く事はできず……加えて、学校へ行くには、
制服を買わないと行ってはいけないそうです。
すごい不思議。フリーなのに、何で制服がいるんだろ?
そして、学校の教師はとても恐ろしいのだそうな。
昔の日本も恐ろしかったけれど……ん~、
でも、この国では雨が降ったら行かない、とか
そんな学生さんも少なくないようなんで、
さて、どれほど恐ろしい先生なんだろう?と思ったり。
ほんの少し前に比べると、アンコールワットに訪れる人は格段に多くなり、
それに合わせて、町もホテルの数とかがどんどん増えたそうです。
人が流れてくればお金も流れていくんだろうから、
そうして観光を中心にこの国もどんどん変わるのかな。
けれど、当たり前のように生活している日本での暮らしも、
ここでは並々ならぬ努力と根性で手に入れていくんだなぁとか思ったら、
ぼんやりしていられないや、とすごく、何だろう、
闇雲に闘志が沸いてきましたよ、これからに対して。
一つの中にいるだけでは気づかない事、たくさん教えてもらった気がします。
自分が何をやりたいかとか、何が出来るかとか、もうそういった色々を
これから何度も考える時期が来るのでしょうが、
旅に出る前の自分と、帰った後の自分とで、幅がかなり違うだろうなぁ。
他にも、カンボジア人の男性・女性・遺跡と観光とその生計と……
色んなことをほんの少しずつ教えてもらえました。嬉しかったな。

空港に送ってもらって、ギャンナさんと運転手さんに別れを告げ、
知人らと共にチェックインをしていると、何とラッキーな事に、
前の便が30分遅れているので、その便に乗ることが出来たんですよ。
空港でまた待ちぼうけを食らうはずだったのが、ぱたぱたと、
着いてから30分程度で離陸。……ちょっぱや出国(゜Д゜)
飛行機の上で物思いにふけりながら、ずっと下を見ていると、
カンボジアからタイの景色へと段々変わっていきます。
THAI41.jpg

……いや、違いはあんまり分からないけれど(ノー`;)
何だか今回の旅で、自分が何を重点にしたいのかが、
ほんの少し分かった気がするなぁ……。
今、自分の中で疼いていて動かしているのは知識欲みたいで。
それを満たしてくれるものを探しながら、
自分の矛先を自由に遊ばせているのかもしれない。
今後の参考にしておこう……と雲を眺めながら思っていたら、
バンコクの夜景が見えてきました。
……あぁ…、何だか肩の力が抜ける……ような。

そんなわけで、何だかもう色々みっちり濃い3日間。
何とも……もう本当に色んなことを沢山吸収した、
そう実感する旅行でした(・ω・)~3
カンボジアの人々を目にして、その前に進んでいく力に、
うかうかしていられないと、負けてはいけないと、
何だかとても元気になりました。
元気をもらえたような気持ちになったのです。
ありがとうの気持ちがいっぱいのまま、3日間の旅は終了……。
このページのトップへ
さて、巡り巡った遺跡の数々、旅ももう終盤です……(T▽T)
昼食後に向かったのは、ローレイ寺院(写真・上段左)。
THAI38.jpg

893年に作られた、シバ神を祭った遺跡です。
遺跡の寺院の近くに、現在のお寺(上段右)もありました。
ここは遺跡群から大分離れた場所にあるからか人影も少なく、
遺跡に刻まれた彫刻(下段左)やリンガ(下段右)もゆっくり見られます。
周りでは、村人達とお坊さん達が色々な作業を手伝いあって、
日陰の建物を作ったり、祭りの準備をしたりと働いています。
この日は中秋の名月?のお祭りをするらしく、
遺跡の麓の村で盛んに民俗音楽を流していました。
ガイドのギャンナさんの家でもお菓子をお供えしているそうです。
そういえばこちらの僧は11時までに朝食・昼食を済ませ、
それ以降は食事なしだそうな。だけどお菓子はありなんだって。
で、満月になると髪を剃って、次の満月まで伸ばすらしい。
そんな豆知識を教わりながら、ふと気づくと僧さん、作業しながら、
思っきしタバコ吸ってる~~(゜Д゜)ぇ、いいの?
いいんだそうです、お酒はご法度だけど、煙草は良いみたい。

続けて訪れたのは、プリヤ・コー寺院(写真・左)。
THAI39.jpg

プリヤ・コーとは聖なる牛という意味だそうです。
寺院の前には左右に牛の象(写真・右)があるのですが、
一体はもうほとんど形をとどめていないや。
寺院の柱も、くっきり形が綺麗に……角もきちっと形を保っているのと、
もうほぼ雨などに溶けて流され、今にも崩れそうな柱とがあります。
形を留めているのは植民地時代に修復されたもので、
もう一方はその手が及ばなかったものだそうな。
近くで、こうしてその違いがはっきり見られるのも嬉しいな。
遺跡はある時代までは、レンガ造りが主流だそうで、
その表面に石膏のような物を流し塗り固められるらしいのですが、
この遺跡も、彫刻の上まではその石膏があっても、
彫刻の下の部分は長い時の流れの雨や風や砂塵などで、
レンガが剥き出しになっていたりします。……時の流れだー(T_T)

そして遺跡巡り・最後の遺跡は881年に立てられたバコン寺院(写真・上段右)。
THAI40.jpg

参道(上段左)の両脇には様々な色や柄の布きれが縫い付けられた紐が、
ずーっと渡されています……これも中秋の名月?のお祭りのためだそうな。
寺院の周りにも崩れ果てた建物(下段左)があって、
そういった廃墟を見る度に、不思議な気持ちが心を満たします。
この寺院は5段あるのですが、1段目が蛇の形をした「ナーガ」、
2段目が半鳥半人の「ガルーダ」、3段目が「現在と悪魔」、4段目は「鬼(阿修羅)」、
そして祠がある5段目は「天国」を意味しているそうです。
各段ごとに魔除けの獅子が両脇を固めますよ。何だか意味深。(下段右)
……相変わらずアップダウンの階段は厳しいですよ……(ノД`)
昔のお年召した方は、この高い階段をどうやって上っていたんだ……(=TωT)

麓では民族楽器をかき鳴らす大道芸人の青年たちがいます。
そこでCDとかも売っていました、ちょっと欲しかったような。

……さて、時間はちょうどお昼過ぎのティータイム。
車が向かったのは「ラッフルズ・グランドホテル・ダンコール」、
町で一番格調高い老舗ホテルです、ここでアフタヌーンティーを。
お、面白いツアー内容だなぁ・……、でも3日目にはちょうどいいかな?
民族衣装に見を包んだドアボーイさんのスマイルに思わず頭を下げつつ、
入口近くのカフェに向かう……は、良いんですが、何か……。
あの、殺虫剤なんかなぁ、芳香剤なんか……知人はアースだと言いますが、
ちょっと薬品くさい匂いが結構強く漂っていたのですよ。何でだろ?
カフェの中にもその匂いが漂っていたので、ちょっとグロッキー(;´Д`)
香り物のところにこの匂いは勘弁してぇな……(=TωT)
そこで、3段のチョコムースをチョコで鳥かごっぽく囲んだケーキと
紅茶をゆっくりと堪能しました……1時間あまり。
食事時間より長い……、っていうか、暇……(゜∀゜;)
いや、でも大変おいしゅうございました。ケーキ。
紅茶は……えーと。ティーバッグ……?いや、けふんこふん。

どうやら終わりは結構時間が余ってしまうらしく、
迎えに来てくれたギャンナさんがアンコールワットを進めてくれたので、
再びアンコールワット再訪~♪
(本当は1日目のアンコールトム周辺が良かったけれど、
 ちょっと遠くて車が密集しているので時間的に厳しかったのです・涙)

知人夫婦はさすがにグロッキーらしく、周辺で休んでいるとの事、
ギャンナさんと二人で遺跡の中を巡りました。
実は私、3日間フリーの入場券(写真つき)を車に忘れちゃったんです。
もう車は出た後だったんで、知人の券を借りてみたら……
あらら、通れちゃいました(^_^;) いけるものですね……。
良い子はまねしてはいけません~(TωT)
このページのトップへ
朝、電話で起こされたんですが、夢がですねー……
うぅん、すごく気になるところで終わったんですよ。
私、夢ってそれほど覚えていないんですよ。
見てはいるようなんですが、起きた途端、綺麗に忘れちゃう。
それが、この朝はやたらに覚えていて、
一つの夢でなく細切れの色々な夢をたくさん見ました。
でも、どれもこれも悪い感じはしない夢でしたよー。
夜空に花火と流星群と月が光っている夢は、本当に綺麗だった。

チェックアウトと同時にホテルを出発、本日から、
ガイドさんはパリスさんから、ギャンナさんという女性の方に交代。
3日目の午前は、オプションツアーからの選択でした。

オプションに移る前に、まずはお土産屋さんにまたレッツゴー。
可愛い銀の腕輪を買いました-。
それから、オプションはトンレサップ湖のクルーズをチョイス。
ボート乗り場から、昔ながらの水上生活をしている人々を見学。
19歳のお兄ちゃんが運転するボートに乗ったんですが、
サポート役で12歳の弟君が乗っていて、なんとも可愛いな
だるそ~に後ろに座っていたんだけども、目がちょこちょこ合って、
ある瞬間ににこっと笑った、その顔がすごい可愛かったんですよ。
あれはあの年齢特有のはにかみだったんか、それとも、
観光客向けの愛想笑いか、よく分からないけれども、
うーん、ホントに可愛かった。
THAI36.jpg

魚を取って生活をする人々は、水位や季節によって、
済む場所を移動したりもするそうな。
へー、と思って、色々見ていると、たらいに乗って遊ぶ子どもが
おりょー、水上ならではの遊びをするのね、とか思っていたら、
…………あー、違ったー……(T-T)
決まったポイントでボートが止まるんですが、
子どもらがそこまでたらいで泳いできて、「1ドール」とねだるのでした。
どうやら彼らはベトナム人らしく、仕事をしないでお金をねだる、
あんまり働かない、だそうです(そうなの?)
けれど、あんなに小さな手でボートの縁捕まったら、
発進する時に危ないなぁと思っていると、いきなりボートは急発進。
うわ、危な!と後ろを振り返れば、もう彼らは別のボートへ向かっていました。
水上レストラン兼土産物屋に寄ると、兄弟たちはもう仲間と寛いでる。
あー、そうか、仲間なんか~、と何と無く眺めながら、
ふと下を見下ろせば……わに(゜Д゜)……飼ってるの?
水中博物館?とかいう名前の水槽に入った亀や魚を観察。
亀、めっちゃ顔が長い……魚も長い。……面長魚?面長亀?
そう思っていると、また弟君がちょこちょこ寄ってきて、
どうしよう、すごい可愛いんですけど(ノー`*)
そして、再びボートで走っていると、後ろから他のクルーズがきて、
追い越しをかけてきました~。あらら、何かこっちを見ています。
船主さんも乗客もこっちをあんまり見るもんだから、
何だかなぁと思っていたら、お兄ちゃん闘志燃焼!
負けじとスピードを上げ、はい、WINNER!!(゜∀゜)
……って、いやいや、そうでなくて(゜Д゜)
……あー、まぁ、いいか(^_^;)
岸辺に下りたら、いきなり絵皿を取り出した若者。
見ると、私は知人の旦那さんの写真が中に埋め込まれています。
えー、いつの間に作ったの、すごいなぁと思いつつ、
その表情が、あんまりに私の正直な感想を述べていたので購入。
怯えと微かな嫌悪と。……なんだぁと思いましたね。
結局なんのかんのと考えながら、一番正直な気持ちが、
もう顔に出ちゃっているんじゃん、と。
やっぱり未知のものに出会うのは恐い、その怯えと、
既成概念から生まれる嫌悪が先に立つかー、って。
綺麗事なく正直な感想は、ちゃんと受け止めたいってものです。
しかし、なんだかなぁ……(T_T)
ボートを降りた時の私の顔は、どんなんだったろう?

ボートから降りて、次に向かう車中で町や景色をじっと眺めました。
最初は腰が引けて仕方なかった景色や町も、
この3日間で何だか妙に馴染んで、滑らかに心に入ります。
THAI37.jpg

ふと、ここで暮らすことになったらどうなるだろうと頭に浮かびました。
絶対無理、とは思わなくなりました。
何のかんのとそこでもどこでも生きられるんじゃないか、と、
出来る、無理、とかじゃなくて、そうするしかないとしたら、
そうするんだろう、と簡単に頭に浮かびます。
カンボジアに限らず、自分にとって極めて異質な場所だったとしても、
案外人間ってしぶとく、馴染めるんじゃないかな、と……
昔から何となく頭で思っていたことが、生の感覚として感じました。
口で言うほどたやすい事ではないんだろうけれど。
そうとりとめなく考えながら、どうかこの国が、
もう戦争や災害などで悩まされる事がないようにとただ願うばかりで。

この日に取った昼食はカンボジア料理のレストラン。
一日目がピーカン、二日目はほのかな晴れ、三日目は曇り、
この日が一番暑さが和らいで過ごしやすかったのですが、
少し旅疲れが出ていて、あまり記憶に残ってません…(;´Д`)
このページのトップへ
お次はニヤックポアン、池に浮かぶ遺跡ですよ。
中央に見える遺跡の縁の部分にはナーガと呼ばれる蛇が、
二匹こう頭をもたげているのですが、その反対側には、
その蛇の尻尾がくるくると絡んでいるんですよ。
THAI32.jpg

そんで、四方に池を覗いていくと、「馬・獅子・象・人」の顔があり、
水位が上がると、その口から水がこぼれるそうな。
昔の人はその流れる水で病気や怪我など治療していたらしく、
この遺跡はいわば治療所だったそうです。
そっかー、それぞれの形で、怪我とか病気とか、
何か種類が分けられていたんかなぁ……と思いつつ遺跡を後にしました。

そして最後にプリヤカーン、ここの入口は、
アンコールトムとは逆に、右が神々、左が阿修羅。
中には男性性器を表すリンガや女性性器を表す、
…あれ、名前忘れた、下段右のような写真の物があります。
THAI33.jpg

リンガは手で触れるとご利益があるそうな。
これは女性がかな? それとも男性もかな?
尊いシヴァ神の性器だそうだから、女だけかもなぁ。

さて、ということで何かかなり体力余ってます。
でも二日目の遺跡は終わり~、と空を見たら、
いやー、なんともすごい綺麗な夕焼け!
あぁ~~、夕景はこの日に見たかったなぁ!
体力的にもやっぱ、絶対1日目の日程は
2日目にもって来るべきだと思うよ(=TωT)ノ
もう少しツアー内容を改善してくれぃと思ったり……。

この日の晩ご飯は何だか落ち着くレストランで
カンボジア風味の西欧料理を食べましたよー。

カンボジアのビールは、その名も「アンコールビール」。
たくさん汗かいて、なおさら美味しかった!(゜∀゜)
そして戻ったホテルは、ひゃー、ロマンチック!
THAI35.jpg

1日目には気づかなかった細部に目が行きます~。
この日は十五夜の1つ前、月がすごく綺麗です。
そういえばこのホテル、毎朝ロビーで、
木琴のような民族楽器を少女が生演奏(写真・上段右)してくれるんですよ。
音質と単調な音楽が、朝のゆったりしたリズムに合って、
すごくいい雰囲気をかもし出しています~(ノー`*)

私は一足先にホテルに帰りましたが、知人夫婦は、
ホテル近くのマッサージ店へ行きました。
旅路で何のかんのと口げんかしていたくせに、
知人がマッサージ別にいらないーと言うと、
旦那さんが一人じゃつまらないからおいでよと誘う。
あらー、何か微笑ましい光景だー(・ω・)
あれかしら、喧嘩するほど何とやらかしら。ごちごち。
余った体力でホテル内を散策。
見知らぬ人とのアイコンタクトや簡単な挨拶が嬉しい。ゾクゾク。
ところで、二日目にして、いきなりパジャマが消えたんですが。
ベッドもカバーとクッションがなくなっていて、あり?と思ってたら、
クローゼットの中に押し込まれているし。
あ、あと、シャンプーや石鹸、櫛などなど、アメニティは揃っているのに、
何故か最初からリンスが無い……ん、ですよ。すごい不思議。
部屋で80数chを全て見ようと回していたら、どこだったかなー、
言語が英語の番組なのに、何故か放映していたのは何と!
昔なつかし「風雲! たけし城」……(゜Д゜)ェ?
言語もばっちり日本語ですよ。たけちゃんは顔が細長い。
あれ、昔ってこんなやせてたっけ。
この番組大好きだったけれど、覚えてないや。
どの国の番組か知らないけれど、私が見た時間帯は、
どうも世界の面白い番組をチョイスして放映しているっぽいです。
やー、懐かしいもの見ちゃったなぁ……(ノー`)ノスタルジック
再放送とかやったら、きっと見ちゃうよなぁ……(笑)
ノスタルジーに浸りながら、二日目も無事終了。
このページのトップへ
さて、夕方になって向かったのはタプロム
あぁぁ~! ここも友達が感激したといっていたところだ!
私の中で期待度満点です、だってだってここときたら、
ガジュマルの木が遺跡にぐぁっと食い込んで、
映画・トゥームレイダーのモデルにもなった遺跡!

うあぁぁ、早く見たい~と切望していたところです。
車で向かうのですが、いや、それにしても運転が…(^_^;)
道がね、ほとんど舗装されていない土の道なんですよ。
凹凸ぼこぼこの道を思いっきり飛ばすんで、
がっつんがっつん揺れるんですわ~~サーフィーーンンン…!
ほんでもって対向車線にはみだしまくりで追い越しかけるわ、
目の前にバイク・自転車が走り、対向車線にもバイクがいたら、
容赦なくその間を突っ切るように追い越しますわ~(゜∀゜;)コワ…
そういえばバイクをよく見かけます。
今、一番市民に出回っている乗り物だそうな。が、乗り方がまた豪快。
男の人一人で乗ったり、女学生が二人で乗ったり…
と、思ったら、青年が3人で乗ったり、家族連れが4人で乗ったり(;´Д`)
まずおとんが運転席、その膝に坊主が座ってメーターに手を置いてバランス、
後ろにおかんが座って、おとんとおかんの間に赤ちゃん、または坊主。
……おろろん、事故にあわないでね、安全運転でね(=TωT)ノ
THAI28.jpg

舗装されていない道は、雨季の今、
写真左のようにすぐに雨でぬかるんでしまいます。
遺跡の周り辺りになると、10歳前後の子供達が男女問わず、
ほっかむりやヘルメットをして、石を運んで積み上げて舗装しています。

さて、そうこうしているうちに念願のタプロムです!
……遺跡の感想は、やっぱりもう、感無量、でしょうか(T-T)
アンコールワットなどみたいに修復が推し進められているところも、
昔の復元ということできちんと見られて嬉しい。
タプロムは対照的にまだ修復の手が及んでいないので、
瓦礫をその箇所箇所に集められてはいるものの、
崩壊していくがままの姿を見ることが出来ます。
THAI29.jpg

それぞれが、それぞれでいい、胸を打ちます。
ガジュマルの木が遺跡の、石と石の間に根っこを差し込み、
その根がやがて成長して石を押し広げていく。
そして遺跡をすっぽり包むようなガジュマル、
知人曰く、もしかしてガジュマルが遺跡を守ってるのかもしれないよ、と。
さて、どうなんだろう、でもそうかもね。
このガジュマル、もし根っこを切ったり取ろうとすると、
木が腐っていって、かえって遺跡が崩れてしまう危険があるそうな。
星の王子さまでもガジュマルの木についてやってたかなぁ。
パリスさんにこの遺跡の修復はしないのか聞いてみました。
すると、インドだったかな?そこが、修復?それとも保護?
その活動を進めている最中で、でも15年はかかるそうな。
そりゃそうだよなぁ……崩れないで欲しいわ……。
加えて、更に質問を。
何故、アンコールワットなどにはガジュマルはないのに、
ここだけこんなに木が食い込んでしまっているのかと。
すると、アンコールワットなどはフランスの植民地時代、
その頃に発見されて木を切り倒された、が、
タプロムはその時放置され、現在に至ったため、
ここまで成長したとか、確かそう言っていたと思う。
ここに生えるガジュマルの樹齢は約400年。
なるほどなぁ……と深い納得をしながら、
不思議な遺跡を後にしました。

次に向かったのはプレループ
人造湖に浮かぶスラスランも通りがかりに見たそうだけど、
…んぁ、覚えてない(;´Д`)
プレループは上段左の写真の石棺で火葬していたそうな。
THAI30.jpg

それはともかく……これまた階段長ーー……(゜□゜;)
でもいいよ、2日目はずいぶん楽な日程だったし、余裕でGO!
階段は急ですよー、ひぃはぁです。
でも前日の丘よりもずっと楽(T▽T)
上からの景色は良かったですよー♪
右下の写真、実は小さく小さく分からないくらい小さく、
アンコールワットの屋根の部分が見えるんですよ~(・ω・)

続けて東メボンここもアップダウンありますよー(^_^;)タクサン…
THAI31.jpg

昔、ここは水に囲まれていたらしく、舟で行き来していたそうな。
この寺院は治水の為のものらしく、雨季になると雨を引き込み、
乾季になると雨を流すそうな……ホント? そりゃすごい!
それにしても獅子の姿が狛犬に見えて仕方ありません。
こちらでも獅子は魔除けだそうですよ~。 このページのトップへ
二日目の朝はすっきりと! いやー8時間睡眠効いた!(・ω・)
朝食はバイキングで色々取りましたよー。
日本料理もあったんですが、オンリー鉄板焼き(゜Д゜)
……えーと、朝から鉄板焼きはどうだろう。
そうそう、1日目にデジカメの戦術を180度変えました。
題して「質より量作戦」……まんまですがな(ノД`)
いや、1日目にあんまりな枚数を撮ったもんで、
予定していた数より遥かに越えそうだと容易に予想が…(^_^;)
なので、設定を変えて画質とサイズを落として、
残ったメモリの範囲で枚数をグンッと増やしました~!
THAI24.jpg

出発に多少時間があったので、庭を散策。
ふぇぇ~、やっぱり豪華なホテルだぁ~、と。
そういえば朝起きた時、不思議に更にけじめがついてました。
こうして考えていても、この国は観光客が来るから、
色々な生活が成り立っているわけで……。
例えばこのホテルも、そしてあの子ども達も含めて、
あらゆる面で、遺跡観光に来る外人がいるから、
それだけのお金をその国に落としていくわけで……。
軽い気持ちで来てはいけないんじゃないかとか、
傷跡の上を土足で踏み込んでいるようで申し訳ないとか、
私の中でもやもやとずっと考えていたんですね。
でも結局、観光という気持ちだけでなくて、
ただその現状をその人その人が目の当たりにして、
そういう状況の中に来ているという事を忘れなければOKかな、と。
その後どうするかはその人次第っていうことかなと、思いました。
私は……自分の中ではそれでも他人の国にお邪魔しているという、
そういう気持ちを忘れたくないな、ってところで収まりました。
それが正しいとか間違っているとかは勘弁してもらって、
もやっとしていた自分の中の色々が、そう決着ついたということで。
長々ともう本当に失礼を(礼)

さて! ということで二日目の始まりです。
初めはバンテアイ・スレイ(写真・上段左)の見学!
THAI25.jpg

……と、その前にトイレターイム。
ちょっと遠い場所にあったトイレは、周りが蓮の花たくさんで綺麗♪(゜∀゜)
そこの寺院は赤色砂岩で作られているらしく、綺麗な赤色。
この日は一つ一つを見る余裕がありましたよ。
彫刻は相変わらず細かく、それに屋根の形とかもすごく凝ってる。
下段左の写真は東洋のモナリザとも言われる女神像だそうですよ。
何か……赤茶色に意識が埋まりそう(ノД`)~3 スゴイ~

そしてここからは車で1時間ほど移動です。
遺跡の周りは物を売る子ども達や屋台でとてもにぎやか。
THAI26.jpg

でも遺跡から少し離れると、一気に静かな村が広がります。
家の周りには大概犬が寝転んでいたり、鶏が親子で歩いていたり、
その向こうで母親が子どもをあやし、休憩時間を取る人や、
農作業を進める人、子供同士で水浴びしていたり、
物を直していたり……そんな風景が広がっていきます。
そういえば、カンボジアは戦争の後……なんだよな。
確かにそうして圧制や内戦が続いてきた傷跡は深いけれど、
でもそこからようやく開放されて、今、立ち上がっている途中なんだなと。
そして、もしかして、この状況は日本やその他の国でも、
繰り広げられてきたんじゃないだろうか、とふと思いました。
状況や立場とか、その国その国で違うだろうけれど、
そうしたどん底から這い上がっていく時代を、今現在、
この国では歩いているんだなと思ったら、
うまく言えないけれども、昔の日本を見ているような……。
現在の日本で、戦争を知らない子供達とか、目標がないとか、
幸せすぎて貪欲とか、贅沢に慣れきっている現代人とか。
何だかよく耳にする言葉で、曖昧にそうだろうなぁと思っていたのが、
この国に来て、どれだけ恵まれた環境に、
当たり前のようにあぐらをかいていたかが少しは分かったと思います。
あぐらかいているその豊かさは、
こうしたドン底から這い上がってきた人たちが
必死になって闇雲に生活しながら、徐々に立て直してきた生活なんだと。
そうして立て直してきた国が今の日本で、でも今の日本では、
どうも何か殺伐として、荒れた空気を感じるんだよなぁ。
今、この国は戦争まもなく貧しいけれど、心は日本よりも
もっともっと豊かなんじゃなかろうかと勝手に考えたら、
どうも原点にかえって学んでいるような気がしてならないのでした。

そう考えている間に次に着いたのは土産物屋です。
おろろん、今日はお買い物タイムですか。
中日にお買い物は何だか……中途半端かも(^_^;)

店で見つけた蛇のお酒にびっくらですよ。
ちょっと飛び上がっちゃったもんね。
店の後は、町中に広がる市場で買い物タイム続行です。
とりあえず、どこでも最初の値段はすごい高いですよー。
でも話しているうちにがっつり下がっていくんです。
きっとそれでもまだ高いんだろうけれど、
どこで自分で折り合いをつけるかなぁ、という世界。
そのお金で生計が成り立っているんだしねぇ……。
店の間を突っ切って、どんどん奥に入ると、
活気付いた市場(写真・上段)の中にたどり着きました。
THAI27.jpg

観光客向けでない顔を垣間見た気がします~、というか、
売り口上を切り出さない場面にようやく出会えたというか。
たくさんの果物や野菜が並んで、隅に服を仕立てる人もいます。
市場を歩いていると、猫がよぎって台の下に入っていきました。
それを目で追っていたら、市場の青年と目が合いました。
おりょ、と思っていると、下に行ったよ、と指先でサイン。
うんうんと頷きながら台の下を覗き込むと、ヘーイにゃーんこ(ノー`*)
思わず泣き声を真似たら、ひょーっ、近づいてきましたよー!
っていうか、めちゃんこ懐っこいんですけれど!
何で初対面でここまで懐くか、猫まで愛想が良いのん?
驚く知人の足にも懐きまくり……オス猫でした~(・ω・)
教えてくれた青年にニッと笑って、市場を出ると昼食時間。
その日のお昼は、カンボジア風味の中華(下段・右)でした~。
そして、お昼を食べたらホテルに戻り、お昼寝タイム。
ん~、一日目と違って、相当楽です、二日目。
(あの……一日目が良かったんですけど、このコース)
あんまり体力的に楽すぎて、眠れなかったよーん(ノー`;)
だって寝ようと思ったら、お隣?のお客さん、
夫婦喧嘩始めるんだもーん……夫さん、声でかすぎ(´Д`;)
韓国人とか中国人とかあっちけいの話し声だったような……?
このページのトップへ
さて、休憩後の行動はいよいよアンコールワット!!
微かに頭痛は引きずるものの、子どもの姿も相変わらずだけど、
息をハッと吐き出して、心の中で踏ん張って遺跡に向かいます。
(踏ん張るっていうのもどうかな、と心の反面でちらりと思いつつ)
THAI18.jpg

はー、見てください、この遠さ! 長い参道~~(ノД`)
この参道も昔からある左部分はがたがたと崩れそうで、
更に先に進むと補修工事をしています。
THAI19.jpg

参道を渡りきると、おろろん、壁に見えた所にも、
立派な入口(写真・左)があり、その内部には緻密な彫刻が、
そして立派な像(写真・右)が粛々と祭られています。

そこを潜ると、うわー、見えました!
写真でも見たことがあるアンコールワットの姿!(写真・左)
THAI20.jpg

だけど、すごい、これまた更に遠いです~Σ(゜□゜;)
たどり着くまでに経堂(写真・右)や、広い池などがあるんですよ。
これは、3日間、遺跡を巡る度に思っていたのですが、
遺跡が残っているこの参道を、道を、通路を、
昔の人もまた、こうして歩いていたんだなぁ、と思ったり、
彫刻のある壁をどんな思いで眺め、通り過ぎたんだろうとか、
参道を歩く途中、ふと足を止めて靴を弄ったり、服を直したり、
そんなことを昔から繰り返していたと思うと、
もう……何だか不思議な気持ちで胸がいっぱいになります。
寺院の中に入ると、すごい入り組んでいます。
バイヨンの比にならないくらい迷子になりそう(T▽T)
だって、ここでも第一回廊・壁の彫刻がすごい~~!
THAI21.jpg

方角によって色々な物語の流れが刻まれているんですよ。
しかもその回廊の長さが、また長い長い
だけど、それらをじっと眺めてもいられないのです。
何故なら、まだまだ奥が、先が待っているのです。
ひぃはぁ言いながら第二回廊の女神の姿に目を奪われ、
第三回廊を潜ると、そこに聳え立つ中央祠堂の姿。
……ぎゃーーー、また階段です。しかもめちゃくちゃ急!
旦那さんは早くもリタイア宣言。
でも行くよー、もう日も大分傾いているから、さくさくと!
……で、あの、ごめんなさい。
あまりに急な階段で、それを登った達成感に浸ったはいいけれど、
えーと。浸りすぎて、写真撮るの忘れてました(´Д`)~3
いや、もう遺跡に目を奪われるのと体力使うのと、
初日へばへばのバランス取っていると、
カメラなんかどうでも良くなっちゃうってなもんです。
後から考えると、良いわけあるかってなもんですが(ノДT)
江戸時代初期の武士が書いたとされる落書きなど見つつ、
アンコールワットを去ると、いや、まだあるんですよ。

最後のスポット……小高い丘からの夕景だそうです。
プノンバケンにたどり着いてもうびっくりよ
誰がこれを小高いと言ったよってなもんで。
いやあの、確かに高くは無いんですよ、それほど。
でも、あの……明らかに岩登りみたいなところで。
体力がそろそろエンプチー胸の赤ランプが光っていて
やっぱり写真どころじゃないという……(ノД`)
麓から頂上まで、有料だけど象に乗る事も出来るそうです。
でも、その時はもう日が沈むまであとわずか、
象に乗っていたら間に合いませんよー、とパリスさん。
旦那さんは早くもリタイア宣言ですよ。
でもうちらは行きますよ、ねぇ?(`・ω・´)=3
足場の悪い道をひぃこらはぁこらへぇこらと登って、
頂上から寺院を更に登ってみると……
THAI22.jpg

えーと、明らかに曇ってるYO! 夕景ぐっBYE!(゜∀゜)
いや、分かっていたんだけどね。一応記念だから。
日の沈んだ風景眺めつつ、頂上でへばーと休んでいる事しばし。
まだ明るいなぁ…と思っていると、パリスさんが手招き。
もう降りる時間との事。
まだ明るいのになぁと思っていたら、降りながら知った衝撃の事実。
「あと10分したら、もう真っ暗ですね」 ……(゜∀゜;)マジ?
まだ結構明るいのにな~と思ってたんですが、マジでした。
途中からかなり暗くなって、麓着いた時には真っ暗
降りながら聞いてみたんですよ、パリスさんに。
こんな恐い下り道で、真っ暗になって下る人もいるのかと。
いや、あんまり暗くなるのがあっという間だったから、
目測誤る人いそうだなぁと思って。
答えに困っていましたが、やっぱりいるそうですよ。
でも灯りもないところだから、とても危険だと。そりゃそうだよなぁ。
麓に着いて、旦那さんと合流するとぽつぽつと雨が。
急ぎ足で車に入ると、途端、土砂降りの雨と雷。
うっわ、超ラッキーじゃん、暗い山道のしかも雨。
でも……うちらが下りる頃、頂上にはまだ人たくさんいたよ。
……絶対いるよな、この中で降りる人……ガンバレ(TωT)ノ

その日の晩ご飯はクメール料理を食べながら、民族ダンスを鑑賞。
THAI23.jpg

バイキング形式なので、好きなものを取るんですが、
色々美味しそうなものがあって迷いましたよー。
ダンスはとても綺麗だったけれど、タイのダンスと似てるなぁ。
手の動きがしゃなりしゃなりとしていて、とても美しいですよ(・∀・)♪
ふと知人を見ると、知人まで手をしゃなりと真似て一緒に踊ってる!(フォークは下ろそうよ)
……こっち見てるのも面白いなぁ……(・ω・)
ホテルに戻ると、早々に部屋にこもって眠る準備。
前述の通り豪華なんですよ。
パジャマ・バスローブは用意されているわ、
シャワールームとバスタブは別だわ、
テレビは世界各国のテレビが80chくらいあるわで……。
テレビも見たいけれど、とにかく眠いとバスタブにお湯を貯めると…
……あ、お湯が黄色い。
タイも生水はNGだけど、こっちはそれよりも浄水されてないんかな。
……また現地の人々の顔が思い浮かびます。
それでも彼らはお風呂とかも入れないんだろうな。
…困った、どうしようかな、この罪悪感。収まりがなかなかつきません。
贅沢な状況だからこそ、何かにつけ胸にツキツキ来ます。
でもとりあえず置いておいて、アメニティの泡風呂で、
黄色いお湯はナイナイにして、ざぶんと浸かります。
水への抵抗感はあまりなし。
市中のトイレもなかなか衛生面厳しい所が多々ありましたが、
日本だって観光スポットや公園のトイレは汚いしなぁ。
日本の日常の環境はすごい恵まれているなぁとか、
でも潔癖症になりすぎる環境かもなぁとか、
色々考えながらバスタイム終了~、もう眠さ限界(´Д`)~3
うにゃにゃうにゃにゃとなにやら考えつつも、一日目終了。
このページのトップへ
……雨季のくせに、初日、めっちゃピーカンだったんですよ。
空気は乾いています。だけど気温は高いです。
そして日焼け対策のため、知人から借りて厚手の黒い七分上着を着ていたんですよ。
正直、暑さは多少感じていたものの、それほどではなかったんですよ。
帽子を被っていなかったので、頭が焦げつきそうでしたが(;´Д`)
でも階段を上ったり下りたり、石の敷居を飛び乗ったり降りたりしているうち、
暑いと感じる前に汗がぷわぁーーっと吹き出してきます。
おろ、何か感触……と思うと、汗をかいたと感じる前に汗が飛び散る~。
頭が朦朧としてきました……(;´Д`)まだまだなのにー

遺跡の周りにはちょっとした現地の人の集まりが出来ていて、
観光客が来ると、一斉に走ってきて物を売ってきます。
上は15歳くらいの子から、下はそれこそ2,3歳の子が、
「コレ1個1ドール、買ッテ下サーイ」「オ姉サーン」「素敵ヨー」「トテモイイヨー」
たどたどしい発音ながら、英語・フランス語・日本語を操って、
色々な売り文句で、歩いている後ろや横をついてきます。
またのどの奥でグッ……と何かが詰まるような思いを覚えました。
可哀想とかでな……そう感じたくなくて、でもただやりきれず。
偽善かもしれなくても、何だかたまらない気持ちで、
テレビで貧しい国の人が映されている時を思い出しました。
日本では考えられないあんまりの酷い現実が映っても、
その気持ちが重い、と画面から目を背けがちです。
それと同様に、彼らとも目を合わせられませんでした。
ただ「NO」と小さく言うか、首を振るかでした。
色々な思いがたくさん渦巻いて、もういっぱいいっぱいです。

次に見たのはバプーオン(写真・上段左)という寺院。
THAI16.jpg

パリスさんが一生懸命説明してくれるけれど、
もう暑さとか食らった衝撃とかで、半分も頭に入らない(ノД`)ゴメサイー
そこから更に道を歩いていくと、次にピミヤナカス宮殿(上段・右)に辿りつきました。
うぁぁ……すごい!! すごい長い階段!!(完璧に見る所を間違ってまつ)
いや、もうずっとアップダウンが激しかったんですよー。
それらを乗り越えて、がっつり来たか、長い階段っ……
おろろん、負けるな、ファイトだ、こんな時にこそ体力を駆使!
頑張って登りましたよー、その脇でパリスさん、超・スイスイ(プロ……)
けれどですね、情けない事に登りきった辺りで記憶朦朧です。
下段の写真を撮った事も覚えてないくらい(ノД`)
知人の旦那さんは麓でリタイアしています。
そういえば、遺跡巡りの友達が言っていました。
遺跡は体力勝負だと知ったから、ジムに通って鍛えていると。
納得。

さて、続けて……って、まだあるのー…初日からー? ってゆーか、あのー…
昼食からこっちずっと……、まだ14時……(T▽T)
そんなこんなで、像のテラス・そしてライ王のテラスを見に行きました。
……ごめん、記憶がもうあまり残っていない。
とにかく日差しががっつりんこと肌を刺し、頭から湯気が立ち上り、
体中、頭のてっぺんから足のつま先まで漏れなく汗でびしょ濡れです。
パリスさんの声が頭の中で響く一方で何を言っているか分からない~(ノД`)
熱射病か日射病か、頭めちゃ痛いです(涙)
遺跡の出入り口ごとに子どもと遭遇して、またがっつん来ています。
ということで…、像のテラスが写真・左、ライ王のテラスが右ですよー。
THAI17.jpg

……こ、こんな風に見たくなかったのにぃっ!(ノДT)私の根性梨!

俺の屍を越え……なんて思っていたら、パリスさんから天の啓示が。
「ここでホテルに行って1時間半くらい休憩しまーす」
……………………(T▽T)
もう言葉も出ないよ。ありがとうありがとう。
泊まったホテルは「ソフィテル・ロイヤル・アンコール」
シェムリアップの街の中でも1,2を争うホテルだそうです。
チェックインを済ませて、パリスさんと別れ部屋に入ると……
うあーー、超豪華ーー(ノД`)
バスローブはあるわ、大きなバスにシャワールーム、
ベッドなんかこれ、キングサイズ……?(゜Д゜)
ベッドにゴロンと転がりながら、目を閉じれば遺跡の姿と、
物を売りに来た子供達の顔、道々に見える人々の姿が浮かびます。
地雷で足が吹き飛んだ子が差し出す手が頭にこびりついています。
ずきずき痛む頭のまま目を閉じれば、睡眠不足はあっという間に夢の中。
……眠りの後は、何だかよく分からないけれど吹っ切れました。
それが現実なんだから、それをあるがままに拒まず受け入れようと。
そんなの当然なんですが、自分の中でそうケジメがついて、
初めて、今までそういった物に対して拒みの体勢でいたんだなぁ、と。
現実として考えたくない、深く考えない、向こうの世界の事、と。
テレビの中でも痛ましい思いでいつつ、痛ましく思うのも違うような、
でもやっぱり痛ましく思うような……複雑だったんですね。
それは目の当たりにしてもやはり複雑ですが……
まずは自分の中に受け入れの態勢が出来たから、
そこから考えていこう、と……無意識でそう思ったのかなぁ。
このページのトップへ
……ということで、旅の中の更に旅、たびたび。始まりですよ~。
始まりの前日は結局、何のかんのとやっているうちに眠ったのは0時過ぎ。
私は元々宵っ張りなので、結構それでも早い方なんですが…就寝しました。
そして当日の起床時間は4時半、でも話し声で4時過ぎに覚醒。
一日目っから睡眠時間が4時間って!(゜∀゜;)ヤバイ?
機内で軽食が出るとの事なので、軽い朝食を取ってから、出発。
アパートから空港まではタクシーです。夜明けだー(T▽T)キレィ

今回の出国は旅慣れた知人夫婦と一緒だから、もう超余裕。
時間調整も含めて、私はただついていくだけですよ。あぁぁ、楽~(´Д`)~3
チェックインから出国審査までをさくっと済ませ(そうか、そうするものか)
免税店をちょろっと冷やかした後は、ゲート前で待機。
フリーでパインジュースや珈琲、紅茶、プチサイズのパンがあります。
そしてバスに乗って飛行機のタラップを上がって乗り込みます。
THAI12.jpg

ちっこい飛行機でしたー、でも離着陸は思ったよりもずっと上手。
タイ人の車の運転を知っている身としてはドキワク・ゾクゾクだったのですが、
はぁ~、一安心です(´Д`)~3
軽食はディッシュ系のパン二つとリンゴジュース・水・ケーキ、確か。
もぎもぎ食べていると、窓の外にカンボジアが広がってきました。
水ーーーーーーーーー!!! 辺り一面水浸しです。
今はカンボジアも雨季。どうやら一部の地域は水に埋まっているようです。
上空で慄きながらもカンボジア・シェムリアップに11時到着。

カンボジアの空港は小さく、小学校の体育館くらいかなぁ?
もっと広いかしら、あまり意識していなかったから、うろ覚え。
入国審査のお兄ちゃん達が喋くっていたのは覚えています(もしもーし)
VISAは取る暇がなかったので、そこで取得。
おほっ♪ 初VISAですようふふ、ふふふ♪
空港の外で迎えてくれたガイドさんは、パリスさんという男性でした。
どうやら私達3人のツアーとなっているようです(あら嬉しい)
そしてマイクロバスに乗り込んで、いざ出発!

……さて、えーと。内容に移る前に、ちょっとした恥さらしを(汗)
私、あんまり物を知らないので、カンボジアがどういう所か知らなかったんですよ。
うん、もう本当に全く分からなかったのとプラス、
遺跡遺跡、アンコールワットット♪なんて浮かれていたので、
「比較的治安は安定してきてはいるが、長期の内戦の弊害は今も色濃い」
そうガイドに書かれてあったのも、「う~ん、危険に気をつけよう」とか、
もうすごい軽い気持ちでいたんですね。
自分への危険のガードしか考えていなかったんですよ。
まぁ、まずは第一にそれなんですけれど……。


ということで、出発です。マイクロバスが走り出しました。
空港の周りは見渡す限りの草地。
あら、田舎にあるのねぇ、なんて思っていたら、段々と森の中へ入っていきました。
と、同時にぽつぽつと人家が見えてきたのですが、
その暮らしぶりがもう一見してとても貧しい物だと分かる家々、人々で、
テレビのドキュメンタリーでしか見たことが無い生活を目の当たりにしました…。
THAI13.jpg

少し頭を使えば想像はつくだろうに、全く予想していなかったのです。
のどの奥にグッと言葉が詰まって何も出てこないようなショックを受けました。

そんな衝撃を受け止める暇もなく、まずは昼食を取るらしくレストランに着きました。
が、先ほどの衝撃と暑さとまだ慣れていない土地にグロッキー気味
食が進みません、そういえば機内食も食べたっけ。
昼食タイムは40分弱……わ、私食べるの遅……、
あ、しかもカンボジア料理もまだ舌が慣れな……え、タイムアウト?
おろろん、写真を撮る余裕もなかったわー(ノー`;)

まず初めにアンコールトム遺跡群の南大門(写真・左)を歩いて通ります。
THAI14.jpg

門へ向かう左側に神々の像が、右側に阿修羅の像が並び、
一番手前にはナーガと呼ばれる蛇(写真・右)の像がありました。
衝撃はどこか引きずっている物の、あっという間に遺跡に心奪われます。

続けて訪れたのはバイヨン(写真・上段左)
THAI15.jpg

バイヨン! 友達がすごく良かったと言っていたバイヨン!!
やばい、気を取られていたらガイドさんを見失いそうです!(待ってー・汗)
だって、ただ歩くだけでなくて、一歩歩くごとに壁の彫刻に目を奪われ、
柱の装飾に気を惹かれ、いきなり現れる菩薩に心傾くんですよ~。
とにかく最初は回廊の壁に施された細かい絵の彫刻を見ました。
色々面白い彫刻がたっぷりですよ~、写真上段右の写真、分かります?
男の人が後ろの人が持っている亀だか蛇だかに尻かまれているんですよ。
「いってーな、お前、噛ませてんじゃねーよー」「あーぁ、まぁ、気にすんなよ」
そんな会話さえ聞こえてきそうです、ぷはは!(ノ▽`*)
さくさく進むガイドさんの後を追うようにして本殿の中へ入っていくと、
おろろ、すごいや、菩薩さまの笑み笑み笑み笑顔いっぱい!Σ(゜□゜;)
でっかいスマイル(下段・右)に慄きながら中を入ったり出たりしていると、
おろろん、絵を描いている青年(下段・左)がおりました。
少し覗かせてもらうと、う、うまーーーーっっっ!!(゜∀゜)スゴイ!!
そうしていちいち興味奪われるうちに、さくさく知人は進んでいきます。
後をついていきながら、辺りを見回せば……ひ、広い……迷いそう
何だかどこを歩いているのか分からない!(T▽T)
このページのトップへ
本日は何と……筋肉痛、でした!(`・ω・´)=3
……(;´Д`)
多分、アンコールからの蓄積疲労が、昨日のアンコールで、
一気に出てきちゃったんかなぁとも思います。
けれど、本日はもう来た当時から決められていた予定の一つ、
某建築物に見学へ行く事になっていまして。
ということで、午前中は、何だかもう眠いわだるいわ身体痛いわの三拍子。
全く使い物になりませんでした(TДT)クゥ
そして午後からは某場所へと移動。
その前に知人旦那さんのオフィスを見学したのですが、広ーーーーーっっ!Σ(゜□゜;)
あれは間取りは何になるんだろう?
キッチンとメイドルーム(でかいベッド部屋と粗末な風呂・シャワーの部屋)、
広い広い広いリビングがオフィスとなり、その奥に更に広いベッドルームと、バスルーム、
そして違う部屋に広い広い社長室みたいな部屋とバスルームがありました。
……え、これ、何、この広さ。
普通にここで暮らせるじゃん(゜Д゜)
しかも社員全員暮らせるじゃん!!(゜Д゜)タブン
ってゆーか、ここでもメイドさん雇っているとか言うし !
うーん、独特だなぁ……タイ(ノД`)脱帽

そして、某場所へ向かうと、そこはもう広く広く広く、
そして、その広大な敷地全てが工事現場となっておりました。
様々な場所で色んな工程を現在進行形で見られるってことは、
もうめったにないことだと静かに興奮でございますっ!!(>ω<)=3
ただアップダウンは遺跡並に厳しゅうございます……(ノД`)イタイ
筋肉痛がムリムリとか言ってますが、そんなの無視です、無視。
約1時間程度の見学をあっという間に終えた後、
車で遠ざかる現場をもう一度振り返ってみる。
…………(・ω・)~3
……私は早くここが動き出した所が見たくてたまりません。
っていうか、それを見るだけでもまたタイに来たいです。
いや、来ます、YO!!(`・ω・´)=3
けれど、写真は某とつくということで、アップしませんー、ごめさい(ノД`)

そして夜は知人夫婦や他の方含め、わいわいと飲み会でござんした。
普段口にすることない焼酎を味わうことができまして、
話もぽんっぽんっ弾んでしまいました(^o^)丿アラヨー
思い切り酔いましたよ~、いい気分です~~゚゚゚゚゚゚(゜▽゜*)
そして今も微妙に酔っ払いでございます~……(゜∀゜)ヤバクナイ?
明日はチャイナタウンへ足を伸ばすつもり。
そして、どきどき恐々の仕立て屋さんにも行かないとです。
知人が美顔美顔と騒いでおります。ハーバルボディスクラブにも行きたい。
タイ東急にも行きたいですが、日曜は遠出の予定です。
日程足りない~~~~~~~っっっっっΣ(T□T;)
軽くパニックになるのも酔っているから、
帰って間もなく鼻血噴いたのも酔っているから、
両腕が日焼けして低音やけどがぶつぶつ吹き出て赤くなっているのも!
…………(T_T)痒いんですよ、これ、いたがゆい。
そんなこんなで酔っ払いの十四日目も、無事?終了うぃ~~~(ノー`*) このページのトップへ
それから向かったのはワット・マハータート。
こちらは修復がほとんどなされてない、戦などで破壊されたそのままの遺跡。
THAI46.jpg

木の根に埋められた仏の顔(写真・左上)や顔が破壊された仏像(左下)は、
昔ビルマ軍に攻められた傷跡かしら……
ぼろぼろに崩れた遺跡が何とも悲しいです(T_T)
ほんの少しだけレンガの上にあったであろう石膏が残っている場所もあります。
見てみると、本当に細かい彫刻で、残っていたらさぞ美しかったろう、と
何とも悲しいような、でもだからこそ時を感じるというか…
ホント、遺跡には不思議な気持ちにさせる物があるってものです(´ー`)~3
ところで遺跡内には学校の遠足かな? 多分現地の小学生くらいの子が、
揃いのジャージを着て、あちこちで写生をしていました。
こんな立派な描画対象があるなんて、羨ましい…仕上がった絵、見たいなぁ。

さてさて、そうして次に行ったのは、象乗り体験~~♪
うあぁぁ、めっちゃくちゃ揺れます。上に下にがっつんがっつん揺れ、
足元では象の鎖骨?の隆起が見られます。
THAI47.jpg

敷地内の所々では美しい遺跡の風景が広がり、そういった場所では足を止め、
ちゃんと風景を楽しむ時間を入れてくれるのが嬉しい。
けれど、途中で、象使いさんと象のやりとりがあり、
思い切り大声でッパーォーン!と鳴かれたのはびっくりしました。
いや、正直に……びびりました(((((゜□゜;))))))
下りた後にうきうき象の写真を買い、えさをさくさくあげました。
子像がめちゃくちゃ可愛いです~~(ノー`*)
ツアーのお客さんと写真を撮り合って、気分も盛り上がってきましたよ~♪

そして最後の遺跡はワット・プラ・スィー・サンペット。
1491年に建てられた、アユタヤの中で最も重要な寺だそうです。
THAI48.jpg

といってもこのお寺が世界遺産というわけでなく、
世界遺産となっているのはこのアユタヤエリアそのものらしいですが。
敷地の中は広く、王の遺骨を納めた大きな仏塔や
その周りを貴族の小さな仏塔が囲んでいます。
レンガの道や壁になっていただろう縁の部分はもろく崩れ、
それが何とも絵いえない情緒をかもし出しています。
あぁ、すごい……しか言えないのが正直な感想で、
ただただその歴史の威圧感に圧倒されるだけなのです。
けれど、そんな時に、はーい、左下の写真……ですね(T_T)
こういう物を見かけるとですね、もう腹立たしいわ悲しいわの
こんにゃろにゃりにゃりめーってもんですよー。
ごみは持ち帰ろう、落書きは止めよう、
あと…浮かれすぎないよう気をつけよう(ノД`)ミミニイタイ…

お腹がくるくると鳴っています。ハングリーハングりー♪
午後からは船に乗ってクルーズランチです。
バイキング形式で好きにチョイス♪
この形式だと常に取りすぎます…(´Д`)~3

一人で参加した人同士が一つのテーブルになったので、
食事をしながら、色々お話をしました~。
タイでどういうことをしたか、初海外旅行の感想、
この国での警戒心や日本と違うギャップについての数々。
タイ人の男の人、女の人、交通ルールの感覚についてや、
もう海外ベテランのおじさまには、今まで行った海外の数々について、
じっくり色々と教えて頂きました~♪
いいですねいいですね~、旅先でこうして楽しい話が出来るのは、
もう何よりの楽しみです~♪
THAI49.jpg

楽しくて楽しくて、デッキに出たり、テーブルで話したり、
3時過ぎに出てきたティータイムを堪能しているうちに、
船はあっという間にバンコクへ戻り、名残惜しい解散の時間。
解散になって親しくなった人たちとメールアドレスを交換し、
写真送りますね~とか言いながら、お別れ。
そこで知り合った人にフジフィルムのお得情報や、
新しく知ったマッサージ屋さんの場所を教えてもらったりして♪
そこではハーバルボディスクラブなどやっているみたいなので、
ちゃっかり名刺をもらいにいって、チェックばっちりですよ!
ツアーに参加した男性は、そこで初マッサージ体験のよう(感想やいかに?)
ドキドキでチェックイン(?)を済ませておりました(笑)
おじさまにお勧めしてもらって、この日、初めて、
VISAカードで現金をおろすことにも挑戦!
パスワードを聞かれてどぎまぎしたものの(覚えてないっつの)
あてずっぽうのパスワードがちゃんと合っていてびっくり!
………………合ってたんだ……(゜□゜;)
色んな初体験が出来るのがこういう海外での醍醐味かなぁ。
たくさんの人から色んな話が聞けて、ご機嫌な一日でした。
上機嫌ルンルンで、十三日目も駆け足で終了♪
このページのトップへ
ということで、行ってきました、アユタヤ~!
当日は5時起床、6時20分出発でした。は、早い……(ノД`)
前日眠ったのは、結局1時ごろ…何で遠足の前に夜更かしするかなぁ。
アンコールの時もそうだったし、習慣になりそうで恐い。

ウェンディーツアーという会社のツアーを申し込んだのですが、
初め、アパートからマイクロバスに乗り、他の方数名と合流。
それからどこぞのホテルで他の参加者とガイドさんと合流し、
大型バスで無事出発と、あいなりました~。
総勢大体20人くらい? 何かはとバスみたいでおもろい(・ω・)
バンコクからバスはどんどんと田舎方面へ向かっていく。
それと同時に周りの景色もビル郡や店の姿が消えていき、
代わりに鬱蒼とした森、藪、そして小さな家が見えてきます。
やっぱりこちらに来ると大分景色が変わってしまうんだなぁと眺めていたら、
いつのまにか爆睡していました~、ガイドさんの声は子守歌……(こら)

初めに向かったのはバン・パイン夏離宮。
広~~い敷地内に、ぽつんぽつんと立派な建物があります。
これが庭ってもんでしょうか、だだっ広い……(゜Д゜)
THAI43.jpg

建物は中華風もあれば、原点のタイ風もあれば、西洋風まで……
おろろん、何だかやたらに多国籍、と思えば、
何でもラーマ5世だったかな、西洋に旅して感化されて、
様々なところにそういった要素を取り込んでいったとか……(うろ覚え)
「王様とわたし」の主人公にもなった王様だったかな?
何はともあれ、水の上にいきなりタイの建物があったと思えば、
その奥には純チャイナ~がででんと聳え立ち、
橋にはいかにも西洋雰囲気漂わせる彫刻が並んでいるのが、
なんとも摩訶不思議ワールドに入ってしまった感覚に。
どこもかしこも新しいなぁと思っていたら、元の建物は戦争で壊れて、
今あるものは120年くらい前に再建されたものだそうです。
現在では一般に開放されているとはいえ、
用があるときは今も王室関係者が利用しているそうですよ(・ω・)
昔の王族はどんな風にこの宮殿で過ごしていたんだろうなぁ……。

駆け足で宮殿の中を巡って、バスに乗り込む際、目を奪われた物が2つ。
一つは、左の写真の……兵隊さん? 警備員さんじゃないと思うけれど…
宮殿内でもちょこちょこ見かけたのですが、思いっきり銃携帯Σ(゜□゜;)ヒィ
日本では見かけることないものだから、こういう所でそういう物を見る度、
冷や汗たらしつつ、まじまじと見つめてしまいます。
不審者に見られたらどうしようとドキドキしつつ……。
THAI44.jpg

そしてバス乗り場に行くと、あるわあるわ、ど派手な車体。
思わず笑ってしまったんですが、この色彩や絵なども国柄っていうか、
国の好みが出てくるんかなぁ……なんて思ったり。

さてお次はワット・ヤイ・チャイ・モンコンです。
1357年に留学僧のために建てられた寺だそうな。
THAI45.jpg

入ってすぐにある涅槃象(写真・左上)に少々腰が引け気味…(゜■゜)
すごい大きいです……そして、足の裏はちょっと金…(箔)
お参りするための「お参りセット」というものがあるらしく、
お供えのための蓮の花、ロウソクと線香、そして金箔。
金箔はお参りする仏像に、自分の悪い所にあたる部分に貼るそうです。
とげぬき地蔵みたいなものかしら……。
そういえばお店でもこのセット、よく見かける気がします。
そしてその近くに、生まれた曜日それぞれの仏像があり(右上)、
ロウソクが燈されているその場所へ油を注ぎいれると長生きするそうな。
曜日がわからない人向けの仏像もある所が親切(・ω・)
奥のお参りする場所には僧侶さんの肖像画や本物そっくりの蝋人形(左下)が。
なんとも独特な場所にてお参りしてから奥に行くと、おおぉ……!
四方を囲むように、粛々とずらり並んだ仏像が何とも静粛な気持ちにさせます。
中央の塔に登ると、そこからの景色もまた素敵、
上からオレンジの布を肩から下げた仏像が小さく見えました。
すごいよなぁ……ぼろぼろになっている石が年代を感じさせます。
でも、仏像は修復されているのでとても綺麗(・ω・)

このページのトップへ
さぁ、どんどんと張り切っていきましょう。
ちょっと旅疲れ出て眠いけれど、寝てる場合じゃないよ~。
今日の予定は知人に言われるがまま、淡水真珠のお店に行く事になりました。

ちょっと早めに家を出て向かった先はSaphan Taksin駅。
サパータクシンって読むんだったかなぁ…忘れた(;´Д`)
お腹空いたねーと言いながら知人が乗ったのは、プチ豪華な船。
はてさて、と思いつつ、連れられた先はペニンシュラホテルなる所。
おろろ、おろろろ、すごくすごく豪華なホテルですよ、おろおろ。
どうするんですか、ここで、おろおろおろ(=TωT)ノ

そう思っていたら、ブランチはここでするとのこと、なるほど。
それは良かったんですが、ついた時間が朝ごはんの終わりで、
昼食にはまだ少し先の時間帯です、あら大丈夫なのかしら。
うろうろしながらたどり着いたカウンターで質問したら、
(さすが豪華ホテルだけあって、日本人スタッフがいるんですよ)
レストランで朝食ならまだ間に合うでしょうとの事。
ということで、ここで朝食メニューを無事取れることに。
……それはいいんだけど、たっかーーーーーっっ!!!Σ(゜□゜;)
こんちねんたる・ぶれっくふぁすとなる物を頼んだんですが、
果物盛り合わせ、トースト、ジュース、紅茶だけで490バーツ!
大体1500円ですよ、すごいぼったくりだ……肝が冷えた。
しかも紅茶は香り薄い……もう少し美味しく淹れて下さいな(=TωT)ノ
ここは、あれだ、ツアーのチョイスでちょっと豪華な宿泊☆とか
そんな感じでかなぁ……カフェに来るとかはマダム過ぎて無理だわ(涙)

そして次に向かったのは淡水真珠の店、ずらっと並んでいますよ。
その中で知人がよく行くというお店に連れてってもらいました。
おろろん、石とか淡水真珠とかたーくさんです、うろたえます。
というのは、自分で石を選び、何をどんな風に作るかを考え、
そしてそれを店員さんに伝える……うをぉぉ、し、シミュレーションが!
全然戦略を立てていなかったので、ひとしきり迷った挙句に、
何を血迷ったのか、4つも作っちゃいましたよ、この人ったらΣ(゜□゜;)
2連ネックレス、5連の腕輪を2つ、3連のチョーカー……と。
いや、だって何粒くらいかなぁ……紐に何十個か真珠通してあって、
それを1本単位で売っているから……、あぁー……あは☆(゜∀゜)
合計3600バーツかかりました、血迷いすぎました(反省)

出来上がるのは夕方なので、それまでまたBTSにびゃっと乗って…
と思ったら、おぉっとー!!改札でバシコーン止められました!Σ(゜□゜;)
しかも先に歩いていた知人、気づかずに階段上ってます!Σ(T□T;)
慌てて窓口に行ってカードを差し出すと、レジに-15バーツという文字が。
急いで20バーツ札を差し出せば、窓口の兄ちゃんが言います。
「ほにゃららららほにゃららら、ワンハンドレットバーツ」
分からない!とりあえずワンハンドレッドオッケーーー!!(゜Д゜;;;)
分からんままに100バーツ札を出せば、お返しにとばかりにカードを返される。
そして改札を通ったら通されました……(=TωT)ヨカタ
多分、100バーツ分チャージされたんだと思う。
知人ともホームで合流できました……(´Д`)~3

時間つぶしに向かった先はタイ東急があるNation Stadium駅。
雰囲気は……うーん、タイのイトーヨーカ堂的存在なのかしら。
相当活気付いていますよー、現地でもお得な値段っぽいです。
タイ人も含めて、色んな国の人でわいわいと賑わっていまーす!
見るところがたくさんで、とりあえずもう恒例となってしまったオロオロをここでも。
まず目に止まったのは靴屋さん。可愛いサンダルが……(ノー`*)
目に止まったサンダルは残念ながらサイズが合わず断念したものの、
それと似たデザインを見つけたので、それを買いました。
ビーズがついた可愛いサンダル299バーツ、安っ!(゜∀゜)
他にも色々とウィンドウショッピングが猛烈に楽しく、
すーーーんごいたくさん買いました。衝動買いも含めて。
だって、例を挙げるとあれですよ、可愛いネイルアートの付け爪、
20枚ワンセット150バーツ、およそ450円ですよっv(TωT)
全種類買いたくなったけれど、堪えて2セット購入♪
ベティーのお店でもベルトタイプの可愛い赤のバッグが欲しかったけれど、
ここも我慢我慢とあいなりました~~(あらゆる所で忍耐を試される……)
買い物の途中、お腹が空いてフードコートに行くと、
そこでも店がたくさんで迷うわ、道にも迷うわで……(;´Д`)
クレープ屋を見つけたので、無難にそこで買いましたー。
JAPANESE CRAPEの文字が気になるところ……日本の若者が、
大勢でクレープを食べている風景が店の上のテレビで流れてました……。
原宿かなぁ……渋谷かなぁ……。

夕方、真珠のお店に戻ると、まだ出来ておらず、
店員さんの手元を眺めながら待っていると、いよいよ完成しました♪
血迷ってこれとこれとこれで、こんな感じ~!なんて適当に作ったものですが、
うあーー、出来上がってみると愛しさ倍増(ノー`*)イイカモ…
アパートに帰ったのはもう19時近く…遅くの帰宅となりました(汗)
ということで、十二日目も充実して終了~!
あ、今日はデジカメ忘れちゃったんで、写真はなしです。へっへ(^_^;)

…そして、あぁぁ、ごめんなさい、昨日のウソになっちゃいました(=TωT)ノ
昨日、カンボジア旅行記、明日アップしますと書きましたが、ちょっと無理(汗)
というのも、明日は観光バスでアユタヤまで行ってきまーす!
またまた遺跡観光ですYO!YOYO!(゜∀゜)
でもって、6:20集合なので5時半起きですよ……(ノД`)
早く寝れ、自分……ということで、もうそろそろ寝ます。
あ、カンボジアは……今週中には……(・ω・)タブン
ということで、おやすみなさい(礼) このページのトップへ
……うーあー、アンコールワットをまとめていたら、
結局、朝の6時くらいになっても終わらず(=TωT)
自分の記憶力との戦いなんで、なるべく早くまとめたかったんですが、
3日目に差し掛かったところで、これくらいまでまとめれば大丈夫…と、
ようやく眠りにつきました……へとへとへと(;´Д`)
それでも起きたのは10時過ぎ。
前日に残日数を数えて青ざめたところだったんで、
はい!はい!はい!
ここからの日程はきりきりと回していきますよー!

ということで、本日はお昼を前に書いたMANGO RAINで。
知人と共に牛肉とバジルの炒めがけご飯を食べたんですが、
辛ーーーーーーーーっっっっっっΣ(゜□゜;)ヒィィィィ
最初はぴりっと辛いだったのが、じわじわと浸透して、
食べ終わる頃には涙と鼻がズ、ズズ、と(T▽T)
腹を満たして、赤い目で向かう先は生地屋さん。
それにしてもカンボジアから帰ってきてからこっち、
バンコク歩きに何の躊躇もなくなりました(^_^)
歩きながら鼻歌とか歌えそうです~。
さて、今日こそは服を仕立てるのですよ!(むんむん)

あらかじめ目星をつけておいたデザインと比較しつつ、
生地をくるくると眺めていきます、あー、見てるだけで楽しい(ノー`*)
初めにタイシルクのお店に入ったんですが、
既製品ですごい可愛い服があったんですよー!!!
あんまりに可愛いので、一目惚れ・ずきゅんマイハート☆(゜∀゜*)
欲しい!!!と切望したのですが、あいにくサイズが合わず……
そして生地ももう手に入らないのでオーダーも出きず、
幻のあこがれマドンナ…(桃源郷)となりそうです(T-T)切なぁ…
次に、その店の近くにある綿を中心とした生地屋さんへ。
様々な生地や柄に、なかなか決める事出来ません(;´Д`)
THAI42.jpg

例えば、チャイナ柄のスカートを作ると決めても、
その色や柄、それに裏の色合いとかも気になるところ…。
試行錯誤しつつ、合計3着分の生地を買いましたよ~♪
そしてBTSに乗って、少し離れた仕立て屋さんに。
知人が一押しで薦めるデザイナーさんのお名前はリナさん。
後で調べてみたら仕立て代はすご~く安かった…(゜Д゜)
さてはこの値段で一押ししてるんだなぁと思いつつ、
雑誌の切抜きや、型紙つきの本を彼女に見せます。
うんうんと頷きながら、紙に服の略絵を書いて、
特徴や注意書きを書いているようです。(右の写真を参照)
知人曰く、彼女はこの後この紙だけ見て作るそうな。
……えーと、あの、一応型紙とか、色々載っている本…
も、持ってきているんだけど……。不安……(ノД`)

とにかく念押し、と細かく服を指差しつつ、
ラインや形などについて日本語で説明、
彼女もタイ語で返事をするんですが、うん、
お互い意思疎通は出来ていると思うんだけど。
少なくとも伝えたい事はちゃんと伝わっているみたいです。
メモにそれを残してくれているし。
さて、サイズを測る段です。
服を脱ごうと思ったら、そのままで良いとの事。
そして、おもむろにメジャーで色々測っていくんですが…
あ、あの、すごく緩めに巻いて測っているけれど……
大丈夫なの? いいの?(゜□゜;)不安…
知人が言うには、彼女が作る服はぴっちり作っていて、
とても小さい事もあるとのこと(ちょっとちょっと)
だから、緩めに作ってって言った方が良いよといいます。
でも、さっきのあの計り方で緩くなんて言ったら、
それ、どうなっちゃうんだろう…と結局言わず。
でも帰りのBTSで、そういえば生地は洗うと縮むかも…と、
知人が思い出して、また不安に……(;´Д`)
う、うう~~、もう、後は天のみぞ知るだわ!
運を天に任せたぁっ!!(=TωT)ノ

そこまで終わると、もう時刻は夕方。
知人とFUJIスーパーという日本人むけのスーパーで買い物。
客層がほぼ日本人です。
何か……気のせいかもしれないけれど、タイに住む日本人女性、
皆さん、すごくバイタリティーと体力がありそうなんですけれど。
オーラが何か同じ感じがするような……。
気のせいかしら(^_^;)

う~、カンボジアはほぼまとめ終わりましたが、
ちょっと読み返してからアップした方がよさそう(;´Д`)
今日は寝不足なんで、明日読み返してからアップする予定です。
でも、明日の予定がまだ決まってない…。
さて、どうするかなぁ、と考えつつ、
旅明けの割には元気に十一日目も無事終了~(ねむねむ)
このページのトップへ
………………(;´Д`)ハァ~3
戻ってきました、バンコクです。
あぁ、なんてみっちりみっちりみっちり濃い3日間だったんでしょう。
最初デジカメの設定を3日間だから、1日100枚程度として、
トータル250枚くらいあれば十分だろうと設定しておいたんですよ。

……超・甘かったです(゜Д゜)

この3日間のトータル枚数400余枚
その枚数に比例しての数々……これをまとめられるんでしょうか?
いやいや、まとめねば。
あんまりの膨大なことに涙でそう。ガンバッ☆大冒険☆  ……(;´Д`) このページのトップへ
さて、辿り着きました。コンベンションセンター。
なんだかよく分からないけれど、公民館みたいな感じなんかしら。
広い中をうねうね進んでいくと、何だか大きな会場に辿り着きました。
カービングだけでなく、料理のコンテストもあるようです。
何故かそっちにふらふら引き寄せられていく知人を止めながら、
目的のカービングに辿り着くと……おろろん、まだ審査中です。
しばらくして、審査が終わった後は人が大勢どど~っと流れ込んできますΣ(゜□゜;)ヒィッ
その中に流されて、カービングの作品を撮る撮る撮る撮る撮る撮る撮……(ノД`)
もう何だか全部同じに見えてきました。
そして疲れました……も、目的がずれてる……(TДT)~3
THAI9.jpg

撮影後は会場内にあるフリーで食べられる食事どころがあったので、
そこでチャーハンやらアジアンテイストおかずやらをたんまり食べました。

そしてようやく向かったのが肝心の生地屋さん♪
絹も木綿もすけ生地も模様もチャイナ柄もよりどりみどり♪
……よりどりみどり♪
…………よりどりみどり♪すぎて、頭混乱しました(T▽T)
一応雑誌の切り抜き(あの空港で衝動買いしたものです)を持ってはいたのですが、
しまった、雑誌ごと持ってこなければいけなかったかも、と。
頼むにはどこをどうするかで何メートル買うか違ってくるので、
今回は下見ということにして、日本人向けの図書館に向かいましたよー。
手持ちのファッション雑誌以外にも資料は多いほうが良いしねっ(拳)
図書館、というか、日本人会?とかいう団体が運営しているらしき図書館は、
やっぱり公民館みたいな所の小さな一部屋にありました。
そこで資料を厳選した後、また駅に向かったんですが、
ここで乗ったのはシーロ
これは、トラックの荷台に屋根と座椅子を設置したような乗り物。
日本では確実に捕まりますYO!(メイ、隠れて!)

ということで、資料を携えてまたBTSに乗り、違う生地屋さんに行きました。
が、残念ながらそこではあまりぴんと来る生地に出会えず…(+_+)
うまく行きませなぁと思ったものの、その生地屋がある一角は、
サイアムというタイの「原宿」
学生さんや若い人向けの服やバッグ、小物がたくさん!
ということで、がつがつそのエリアを回ってみましたよ~♪
驚く事に、パーティドレスが一万前後の手頃な値段で、
すーっごいたくさんあるんですよ。数も、そして、お店も。
何でだろう?と思っていたら、こちらではちょっとしたパーティでも、
すごいドレスアップして参加するんだそうです。
何と小さなお子様までシンデレラのようなドレスにヘアメイクまでして。
ということで、こういうパーティドレスはとても需要があるみたいです。
っていうか……うわ、何かめちゃくちゃ欲しくなるんですけれど。
すごい可愛いです。友達の結婚式の時、ドレスを探したんですが、
うわ、ここで買いたかった……まぁ無理なんだけど(T▽T)
ここでは、秋物の長袖の可愛い服を399バーツで、
半袖のボレロと可愛いコサージュを大・小1つずつの3点を470バーツ。
ほくほくのうちに買い物を終了すると、もう既に夕方近く…。
ということで、本日の行動は終了でございます。

はー、さて、さてさて。
手続きが全て無事に完了したようです。
明日から、私は2泊3日で、えっへへ♪
アンコールワット遺跡群へ行きます~~♪
バンコクから飛行機で約1時間。
カンボジアですよ、うふふ、パスポートにまたスタンプ増える♪
まだアンコールワットがどんな所なんか、よく分からないんですよ。
その歴史も。
だから着くまでに勉強しておかなくちゃな。
ということで、これから2泊3日は更新お休み。
後から一気にどんと更新する予定です~~♪(ノー`*)
ということで、行ってきまーす♪♪
このページのトップへ
知人達は早起き(5時…)ですが、最近は私もつられて起きるのが常となってきました。
……朝を一緒にしてから、二度寝しておりまふ…(+_+)キャフン
そして二度寝から醒めた本日。
今日は11時半にエンポリで知人と待ち合わせ、
遅起きの後、一人アパートを出て向かいます~。

THAI10.jpg

昼前だからか、街路はまだ結構閑散としているかな?
これが昼時になると昼休みで仕事をしている人がずいぶん出て来るようです。
待ち合わせ時間までのおよそ1時間はエンポリでぶらぶらと……
と、おろろん、東京堂書店を発見。って、わーーーー(T▽T)
日本の本しかないや。しかも新しいのからとんでもない古いのまでたくさん。
値段は確認できませんでしたが、
多分日本で買うより割高なんだろうなぁ、輸入品だし。
そういえば知人の家ではあまりお菓子がなかったんですよ。
少し食べたくなって、スーパーで買いました。
ふふふ、後で食べる時にでも紹介しますが、
純正オレオと、タイ版オレオ。うわ、どんな味なんだろ……わくわく♪
とかやっているうちに待ち合わせ時間。いそいそいそ。

本日は服を仕立ててみよう計画の基、服生地を探しに行く筈だったのですが……
知人と出会い頭、なにやらすごい勢いでコンベンションセンターに誘われました。
何でも果物のカービングコンテストがあるらしく、そこで飾られている作品を
持っているデジカメで撮って欲しい……だそうです。
写真の腕が良いからっ☆……な~んておだて言葉に弱い私は、
ついふらふら~っと行く事にいたしました。
知人と待ち合わせた後、BTS(モノレールみたいなの・写真左)に乗りました。
このBTSは1駅が10バーツ、2駅で約15バーツ、3駅で20バーツくらいだそうです。
日本で言うパスネットみたいなのを買い、カードを差し入れて入ります。
日本と違って、入れた後に取る場所が近くてちょっと慌てます(笑)
そしてBTSに乗った後は、地下鉄に乗り換えました。
地下鉄は1駅12バーツ
画面に出ている駅名を押したあと、お金を入れると出てきたのは、
何と黒い……ん? コイン型の黒のプラスチック……?(写真右
THAI11.jpg

どうやらこの黒コインはSUICAと同じように改札にピッとタッチ。
そうして出る時は、タッチする画面のすぐ下にある投入口に入れると、
また扉が開く……と、面白いですねー。
実はまだこの地下鉄、1年位前に出来たばかりのようです。ふ~ん。
このページのトップへ
あいや、結局、外出どころではありませんでしたー(T▽T)
っていうのも、何と無く外を見てみたら、

THAI8.jpg

うーーわーーーっっっっっ!!Σ(゜□゜;)ヒィ


すごい洪水でございます。
車が、車でなく船でござんす、泳いでおりやす。
ちょっとこれは無理……とか思ったら、
知人は何だか結構物慣れた感じで見ております。
珍しくはないのー?と聞いたら、今年になってからは初めてだけど、
雨季の終わりはこんな感じで天気が荒れる、と。
そしてその後はからっと晴れ上がって、
さらっとした過ごしやすい日々になるのだそうな。へぇ~~(゜Д゜)17ヘェ
今現在、外は穏やかに落ち着いております。
風も雨もすっかり止んでいるようです。
でも本日の日中は、あれはなんだろうなぁ……
ある時は嵐のように縦横無尽に吹き荒び、
ある時は台風のように一定方向にたたきつけるように、
ある時は一見穏やかそうに見えて、実は荒れているという……
もう何だかよく分からない天気でした。

そして中もやっぱり大変だった。
電話の工事がですね、すんごい手間取っていたようです。
知人はもうタイ語はかなり話せる……少なくとも私から見て、
えぇぇ、すごい話してる理解してる!って感じですが、
やっぱり専門用語とか詰めた話になると分からないようです。
言葉が通じず、こちらの意思も伝えられず、
困り果てていたところに、ちょっとしゃしゃり出てみました。
小学生の落書き程度の絵を描いて、あとは身振り手振り。
タイ語、一切無し(^_^;)
3人技師さんが居たんですけれどね、
その中の一番歳いったおじさんがいい人だったんですよ。
こっちの言っているのを一生懸命理解しようとしてくれて、
とりあえず何がしたいのかっていうのは伝わりました。
あとはもう彼らの腕に任せたって感じです(T▽T)
実際、それだけじゃ話は済まなくて、色々な人を介し、
ようやく事態は収拾したのですが、う~ん。
伝えようって意思があれば、とりあえずこっちの意思は伝わるのね、と。
あと、絵は偉大だな、と。
けれど、慌ててとっさに描いた電話の絵が、
こっちでも日本でも一般的に使われているプッシュホンでなく、
昔なつかし黒電話の絵……というのが……、……あはv

知人の旦那さんの方でも色々な手続きで四苦八苦していましたが、
明日の手続きがちゃんと無事終了する事が出来れば、
週末は……うっふっふ、ふっふっふっふっふ。
ずぅっと楽しみにしていた、あるところに行く事が出来ます。
でもどこかはまだ秘密♪
拳をぎゅっと握りながら、明日は……あぁ、天気になることを祈ります。
そんな感じで、6日目ももやっと無事終了……。
このページのトップへ
さて、前日色々予定を立てていたのですが、夜に眠れず(´Д`)~3
結局寝入ったのは夜の3時頃でした。
0時を回った時点で、外はまた台風のような天気の荒れ模様。
雨はすぐに止むんですが、また降ったりと安定しません。
そして、浅い眠りから醒めた朝、まだ吹き荒ぶ荒れ模様。
おりょー、まだ続いていたのねー(゜Д゜)ヒョー
そして、家の中も……電話・呼出電話・換気扇などなどの修理から、
メイドさんから、旅行会社とのやりとりや果ては領事館との連絡まで!
なにやらばたばたとあわただしく、外も中も大わらわ。
お昼前の現在、ちょっと外に出られそうに無いですね~にょーん(=TωT)
私自身は暇なのがどうにもイヤン(ノー`*)
ということで、暇なんで前日の記事の続きをば。

タイの文化というか、私なりに感じた雰囲気について書き、
またそこで改めて感じた日本での閉塞感というか、
限界について書いたけれども、眠れぬ夜に考えました。
それなら形式美を文化としている国についてはどうなんだろう?
あれも暇と金から来るものなんだろうか?
というか、私はそう感じるんだろうか?
まだそういった国に行った事も無いので、
実際に行って、触れてみないとどう感じるかは分かりません。
頭の中で考えるのならば、そうして続いてきた伝統に触れれば、
改めて形だけでない何かを感じるのではないかと思う次第です。
だとすると、日本もそう感じるか?というと……それはやっぱり×かなぁ。
というか、今、あらゆる物が混在している中で、
どんなものが文化として残っていき、また生まれていくのか、
根本に抱えた日本人の性質を継いだまま、どんな内面となって、
国民性が出来ていくのか……全てが入り乱れているような気がするのです。
入り乱れている中、表面で闇雲に形にこだわる全ての流れを見ると、
中身を感じられなく、魅力を感じられない……ということかな?
いや、全ての人がそうというわけでなく、
日本全体の、世の大きな流れがそう感じるよなぁ、と……
あらら、なんとも大風呂敷を広げすぎちまいました。
ここらへんにしとけ、自分。

外が嵐だからか、しかも浅い眠り明けだからか、
考えが取り留めないものとなっているようです。
さて、今日はどうしようかしら……あら、全然タイと関係ないわ(笑) このページのトップへ
さて、この階にはカフェやら食事所も色々あるのですが、
ちょっと安めの日本食屋さんは、欧米人とタイ人と日本人が同じ割合。
欧米人がやや多めだったかな? 客層は幅広かったです。
ハーゲンダッツとかもありますが、こちらは高いなぁ。
カップで300円程度していたもんな。
加えて、電化製品とか見ていたら……ヘイ~また疲れました(笑)
両手も荷物でいつのまにやら一杯です(´Д`)~3
ということで帰宅する事に。

帰り道も屋台がたくさん……気持ちに余裕が出てきました。
わき目も振らず、気持ちいっぱいいっぱいで歩いた行きと違います。
のんびり商品をちょろっと見ながら歩いていきます。
歩道なのにばんばんバイクが走っていくのは、
やっぱりあれですね、お国柄でしょうかね。

……ちょっぴり考えました。
日本人としてはこういう規律の無さを眉を顰めたりしますが、
これもまた文化の違いなんですよね。
こちらの人(…アジア圏では割と多いのかな?)は、
子供を大切に慈しんで育てます。そして、親を大切に敬いながら養います。
それは自分もまた慈しまれて育てられ、そしてやがて子供に養われて行く…
そういう習慣が今もしっかり息づいているのですね。
そういえば、在日フィリピン人の介護資格取得のドキュメントをしていた時、
彼女たちも同じ事を言っていました。
旦那さんは、今までは日本もそういう流れがあったけれども、
もう失われてしまったなぁ……と話しています。
私も、やっぱりそう思います。
全てではないけれども……失われつつあるなぁ、と。

街を見ていても思うのですよ。
こちらではまだ何もかも全然整っていないんですね。
少し車で走れば田舎めいてきて、そこは貧しい人がたくさん。
都会であるここも道はまだ悪いし、建物は半壊・全壊が入り乱れ、
行き交う人は多分、結構な給金でいい暮らしをしているようだけど、
貧しいところから出稼ぎに来ている人はそれでもたくさん。
そんな街の雰囲気に、それでもだからこそ完成されていない、
まだこれからという息づきを感じるのです。
私が仕事に行っていたところはかなりの都会で、
景観も道も何もかも整っているけれど、何だか形が整いすぎて、
もうこの先が見えないなという決められた閉塞感を感じます。
それは全体的にそうで、住んでいる住宅街にも感じます。
でも、タイで歩いた時にふと郷愁感を覚えたのですが、
そういえば東北旅行に行った時、歩いた寂れた商店街と似た感じ。
割と田舎ではまだ空気はゆとりを持って流れ、
遊び心……というとちょっと語弊がありますが、
開放感が漂っている感じを受けるのです。
ここバンコクでは、それに加えて未来へと走って行く熱い勢いを感じます。
なんだろうなぁ、物悲しくならないんですよ、
壊れているものを見ても、すぐに整えられず放置されているようでも。
エゴかもしれないけれど、そんな風に思うのは、
日本にいて、形整いすぎているがゆえに、
更に形整えるのに必死で、どれだけ美しい形かというのに固執する、
そんな姿をたくさん見ているからかもしれません。
そしてそれに対して、先を感じないし、魅力を感じない。
暇で金があるからこそのこだわりだなぁ……と、
こちらに来て、何と無く感じてしまったことです。
何もかも勝手なエゴの考えです、聞き流したってください(´Д`)~3

さて、どこまで書いたっけ。
そうそう、帰り際、そんなこと考えていたからか、
思いっきしつまづいちまいましたよ、勢いでぴょんぴょん跳ねて。
それがちょうど渋滞でバスが止まっていて、
乗客みんな窓を開けて、こちらを見ていたもんだから、
もう~恥ずかしい恥ずかしい(ノ。`*)ミナイデー

そう思っていると、おろろん、道端ににゃんこ発見!
THAI6.jpg

けれど、ものっそい警戒していますよー。
こっちの猫はもっと野良猫気質が激しいんでしょうか。
何か、原点を見た…って感じっ(拳)
別に取って食やしないわよー、と写真をさくっと撮りました(笑)
そんなこんなで辿り着いたアパートで無事に出入り口を通り、
エレベーター……あ、あ、あれ? 鍵が効いてません!
全然階が点灯されません! 大ぴーんちっっ!!!(゜Д゜;;;
どどど、どうしようと何度も鍵を使います、鍵を鍵を鍵……あれ?
どうやら私、エレベーターを乗り間違えたようです。
行き先の階数のボタンがありません……ははははずかしー。
赤面でエレベーターを降りれば、
先ほどにこやかにドアを開けてくれたドアボーイがこっちを見てます。
おぉぉぉう……私は別人私は別人と無意味な呪文を唱えながら、
正しいエレベーターに乗り、部屋に辿り着けばもうくったり。
やっぱり疲れやすいです~~(´Д`)~3
でももう大満足でした……はっふー、そんな感じの5日目でした~(・ω・)
このページのトップへ
さて、本日はなんとっ♪ 初一人行動~~っっ…でした(笑)
知人は英語を教えている方のところに隔週行くそうで、
誘われたのですが、今回は別行動で一人買い物に。
けれど、前日疲れすぎたせいか、午前は全く使い物にならなく、
結局出たのはおやつ前。
あぁぁ、初めての街の一人歩きです、緊張です。
っていうかこのアパート?も玄関の鍵やらエレベーターの鍵やら
出入り口の鍵やら…色々やり方があって、覚えるの必死(笑)

ようやくアパートの外を出て、道を歩きます。
あぁぁ、道が悪いんですね。タイルは強いてあるんですが、
マンホールかな?何かの蓋がぼこっと出ていて、つまづきそう(+_+)
かろうじて覚えている道を確認しながら歩いていくと、
う~ん、屋台がたくさん。食べ物・アクセサリー・服に…
あれ、何か番号が書いたチケットがたくさん…宝くじ?(゜∀゜)
色々な香りが辺りに飛び交います。
軒並み並ぶ店は家具屋さんからリフォームキッチン、
ランプ店に雑貨屋?とか色々です~、見ているだけで楽しい♪
途中、お揃いの制服来た人がたくさんバイクを止めていたので、
バイク便かしらーとか思っていたら、タクシーのバイク版だったようです。

さて、前日と同じくエンポリアムに辿り着いた後は、
ふらふら色々見ながら、昨日あまり見られなかったワコールへ。
やっぱり……ややや安い~~(=TωT)♪
けれど、サイズがないんですよ……ABCが軒並み。
いじいじ探していたら、ようやくサイズを発見し、
上下を2セット買いましたよ~♪ 1767バーツ(約5300円)♪
あれ? 安いよね?(ノー`;)

そして各階ごとに色々見ていきます~。
なんだろう、デパートだからでしょうか、服は安くないんですよ、全然。
普通に高いんで、買う気が起きません……。
でもデザインがやっぱりアジアンテイストで面白い~。
途中、寄った文房具屋さんを見たら意外に面白かったです。
水彩色鉛筆が24色で200バーツ前後。安い~と衝動買い。
コピックは12本セットで1300バーツくらい?
確か1本300円以上になる計算になるのか~と見ていたんですが、
コピックって1本いくらだったかなぁ……高いんかしら。
それと絵本が可愛かったです♪
タイの絵本かなぁと思いきや、日本の絵本もタイ語であったので、
あの絵本がどの国ものか不明……日本だったりして(^_^;)
ティーンズ恋愛小説やら(多分)ボーイズラブ小説やら…(笑)
すごー、こんな感じなんだ……タイのかなぁ(゜∀゜)
需要があるんかしらねぇと思いますが、数はすごい少ないです。
っていうか、本自体の数が少ない。

さて、鍵を預かっているので知人が帰る前に帰らないとです。
その時点で16時……夕方とは聞いていたけれど、
ばたばたしていて、時間を詳しく聞けませんでした。
ということで、公衆電話に挑戦~~っ(がつがつ行こう♪)
THAI7.jpg

硬貨は1・5・10バーツ硬貨が使えるっぽいです。
ためしに1バーツ入れてみました。番号を押します、あ、間違えた。
リダイヤルが分からなかったので、受話器を置きました。
チャリン♪と硬貨が落ちる音……って、あれ、戻ってこない
……、戻ってこない…………(゜Д゜;)取られちゃった……。
1バーツでよかった、学んだ学んだと5バーツを入れ、知人の携帯へ。
あ、バンコクでは結構みんな携帯持っていますよー。
若い人が中心かなぁ?よく携帯で話している人を見かけます。
やっぱり都会だからでしょうか……地域の貧富差は激しいかと…。
普通に5バーツで携帯、3分くらい?話せましたー。
残り何バーツかも出るから安心。おつりは出ないようです。
まぁ、さっきの1バーツぼったくられで学んだから良いよ(ノー`;)

まだ時間があったので、同デパート内のスーパーへ。
紅茶のティーバッグやら、知人に頼まれた野菜やらを買いました♪
日本の食材やら菓子やら飲み物やらたくさんですよー。
普通におかめ納豆やら山本山のお茶(もう茶葉からティーバックから)
豆腐もうどんも何もかもたくさん、何でもほぼ揃いますわ~へにょーん。
値段も日本と同じ程度かやや安いくらいかな。
アメリカ?のお菓子とかも結構目立ちましたよ。
こちらは日本よりもやや高め……物によりますが。
化粧品はPONDSとか色々ありましたが、日本より安いみたい。
後で買おうかなぁ……? このページのトップへ
さて、ということで四日目は知人と一緒にエンポリアム(EMPORIUM)へ。
このデパートは3日目にも通りがかりでちょっと寄った所です。
今回は改めてがっつりお買い物……の前に、お腹がめちゃ空きました。
途中で寄ったお店は「MANGO RAIN」という安い食堂。
中はこじゃれた雰囲気で、オーナー(?)らしき女性は、
どうやら日本人のようで日本語がぺらぺらです。
何よりかにより、ややや、安い!!
THAI4.jpg

私が食べたのはカオ ナー ヌア ナンマンホイ(牛肉のオイスターソース炒めがけご飯)、
下段・左の写真がそれですね。
知人はカオ ムー ガティアム プリックタイ(豚肉のにんにくと胡椒炒めがけ飯)、
下段・右の写真です。
どちらもすごーくおいしかったです!
オイスターソースの方は肉が柔らかくて、ソースもご飯とこれまたよく合う!(゜∀゜)
フクロダケ?きのこがこれまたソースがよくしみこんでて美味しいんですよ~♪
ほのかに香るアジアンテイストの香辛料が食欲をそそります。
また知人のもぱりっとしていて美味しい~♪(ノー`*)
そして二人で1つデザートにマンゴーゼリーにアイスが乗った物を(上段・右の写真)。
アイスクリームはバニラとチョコとライムから選べたので、ここは一つライムで。
さっぱりとしていておいしかったですよ~!
値段はご飯がそれぞれ45バーツ、デザートが50バーツ、合計140バーツ。
日本円で420円くらい……? あぁ…この感覚に慣れるのが怖い(ノД`)

そして次に向かったのはやっとこエンポリ~(´Д`)♪
えっへへ、ブランドショップががっつり入っております♪
ここで大きいのはですね、外人は(つまり私ってことです)言葉が分からない、
つまり店員さんは売り込めない~~♪ってことです!
そして外人はこちらの勝手が分かっていない!
つまり日本では敷居が高い~と思っているブランドでも、
こっちでは気軽に入れる物かしら~~とふらふら入っていけるというもの!
と、私が勝手に決めました(笑)
よく日本でこんな光景を見ていたんですよ。
高級ブランドショップに入る外人の姉さんは大層ラフな格好なのに、
すごくナチュラルに入っていくんですね、当然~って顔で。
あちらの人は、こういう所に普通に入るものなんだ~と思っていたのですが、
こちらに来て思いました……もしや…旅行者の無謀感覚!?(笑)
大層な誤解だったらゴメサイ(^^ゞ

ということで、色々見ましたよ~♪
グッチ・プラダ・セリーヌ・シャネル…などなどなど。
むはーっ、すごーっ(゜∀゜)
こんなに立て続けにじっくり見たのははじめてかも?(笑)
途中、DKNYですごい惹かれるボルドー色のジャケットに指がわきわきします。
こちらは年中夏みたいなものだけども、
もうすぐ秋……というのはやっぱり反映しているものですね。
そういえば冬頃になると、毛皮つきのジャケットを着る人もいるそうな。
ファッション……ってやつですか、ほぅほぅ。

そして化粧品コーナーではKENZOのFLOWERを見ましたよー♪
おっ♪ 安く手に入れた奴だーと値段を聞いてみると、
2千何ぼバーツ……(゜∀゜;)ぇ?
やばい、ちょっと安すぎる、やっちゃったか…と後で確認してみました。
……ぁー、やっちゃいましたぁ……(TДT)~3 贋物っ!(涙)
開けて匂いを嗅いでみたら、バラの香りとは似ても似つかない~……
ご年配の方がつける化粧品の匂いがするよぅ、えーんえーん。
SAMPLEは確かに本物の香りだったんですが、売り物は贋物だったようです。
よく見たら箱のデザインで花があるんですが、それの印刷具合がちゃち。
箱の表面が本物は紗がかかっているようですが、贋物は光沢です。
KENZOのロゴデザインもちょこっと違っていたか?
しょぼぼん、凹みます。でもやると思っていたんだー。
早速やらかした勉強代は200バーツ、こんなもんか。しゃぁない(笑)

さてっ、気を取り直して、他を見ていきまーす。
ワコールに意気揚揚と入ったはいいのですが、
物色する前に……つ、疲れた……(ノД`)
何でしょう、長期だからか気が抜けているんでしょうか?
ちょっと出歩くとすぐに疲れるんですよ。
ということで上の階にある食品街へ。
オリエンタルホテルが運営している?カフェへ入りましたー。
飲み物は私が紅茶、知人はカフェオレ。
菓子は私がチョコを2つで、知人はクレーム・ブリュレ。
とても雰囲気が良い所で、味もおいしかったですよ~♪
チョコレートもおいしかったし、お土産で買ったケーキも、
とってもおいしゅうございました♪ あ、ブリュレもナイス(ノー`*)
THAI5.jpg


そして、カフェの後はスーパーをちらっと眺めて帰宅。
いやいやいや、もう、めっちゃ疲れました~~(´Д`)~3
前述の通りなんで、たかがこれくらいの買い物で、
えらい勢いで疲れちゃったのです。
うーん、まだ慣れていないなぁ、タイ。
けれど、既に4日目にしてこの回復の遅さ。
これでツアーだったらどうなったんだろう?とふと思います。
そこはあれですかね。
旅行者の無謀ってやつで押し切るんでしょうか。
体力・気力勝負で日程をこなした後、日本に帰って……
回復に1日じゃ足らないだろうなぁ……3日はかからない?
やわすぎますかねー、それとも私、気を抜きすぎた?
まぁ、とりあえずそんな感じでぐるぐるしながら、
4日目も無事過ぎていきました~(笑)
このページのトップへ
朝からえらいリアルな夢を見てしまいました。
起きたら泣いてたなんて久しぶりです。
知人の夢だったんですが、知人が部屋に入ってきた事で起きたんで、
一瞬夢か現実か分からなくなりましたー。
あれー、今の夢?それともさっき起きた事?(゜Д゜)ポカーン

何はともあれ、4日目の始まりです。
朝からメイドさんがきて、てきぱきと働いています。
うぅ、何だか慣れないなぁ……。
でもこちらで暮らす日本人は大抵メイドさんを雇っているそう。
それじゃ楽すぎて日本で暮らすの嫌になっちゃうんじゃないの?(ノー`;)
ということで、今日はお買い物中心に街を回ってみまっつ♪(・ω・)ゞ このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

08月 « 2005年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。