もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
20051018164742.jpg


渋谷駅からセンター街をどんどんと進んでいくと、
交番を挟んだ三叉路の先に、このお店の看板が見えてきます。
入り口が地下なので少しわかりにくいかもしれませんが、
表に張り出された数々のスープ写真のメニューで、
その豊富さがわかるのではないでしょうか。
何はともかくスープがおいしい!
寒い季節はあったかスープのメニューが豊富に、
暑い季節にはコールドスープが豊富になります。
お勧めはお昼、ランチセットの時間ですね。
パンが食べ放題なのでスープだけでもいいですし、
ランチセットもお手ごろ値段で頼むことができますよ♪
店内も籐かごを逆さにした照明、ほんのり穴ぐら風のまったり空間、
そして季節に合わせたあったかい感じがするオブジェなど、
とても雰囲気がよいです♪
場所は渋谷の他に新宿にもありますよ~。
これから秋から冬にかけての寒い季節、
木枯らしが吹く中にほかほかあったかスープ、
ぽかぽかのお店の中で寛ぎタイムはいかがでしょ?(*^-^*)


すぅぷ屋 公式サイト

20051018164736.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ
20051017142425.jpg


表参道駅からロイヤルホストの近くの道をあー行ってこー行くと、
まさかこんな裏道にというところにぽつりとこのお店はあります。
ジューサーなど色々なグッズを売るのがメイン?かもしれないですが、
このお店では650円でおかず4品に加えご飯とサラダがついてきます。
そしてプラス150円で、お味噌汁とデザートも。
このデザートがケールを使ったシフォンケーキや、オレンジゼリーなどなど、
とてもおいしいものばかりなんですよ~♪
お水は店内に設置されてあるイオン水からご自由に。
お茶もサービスしてくれますよ(混雑時は無理そうですが ^^;)
このおかずというのがとてもヘルスィ~~~。
野菜を中心に、肉・魚を取り混ぜたおかずが常時8品くらい並んで、
そこから好きなおかずを選ぶのですが……え、選べない!
この他自家栽培のケールを使った青汁・青汁ジュースなどもあります。
これまたそのままだと生臭い! けれどその分健康な感じ!!
フルーツジュースを混ぜると一気に飲みやすく飲めますよ♪
お店はこじんまりと、大体店内が3テーブル、テラスに4~5テーブル程度。
お昼から夕方……確か18時くらい?いや、20時くらいまでやってたかな?
残念ながら平日しかやっていませんが、すごいオススメです!
でも小さなところなので、やっぱり伏字で。
っていうか店名忘れた、ごめんちゃん<(_ _)>

20051017142419.jpg


このページのトップへ
20051016170428.jpg


原宿駅からちょっと人気のない方へと歩いてしばらく。
閑静な道沿いにふとそのお店の入り口はあります。
階段を下がったところにある入り口。
看板もとてもシンプルでふとすると気づかずに通り過ぎてしまいそうなお店。
このお店、実は珈琲通の方には有名なのかもしれないです。
あちこちの珈琲店のマスターを生み出してきた名店とのこと、
そのお店に一歩足を踏み入れれば、クラシックな雰囲気に包み込まれ、
静かな空気と珈琲の良い香りが漂ってきます。
カウンターとテーブル席、どちらもそれぞれ心地よい空間が生み出され、
メニューを広げれば豊富な珈琲の数々、
他はチーズケーキにサンドイッチ、ロイヤルミルクティーくらい。
あんまり心地よく、そして隠れ家風のお店っていうのも心を擽るので、
お店の名前はないしょ……とさせていただきます(笑)
ただ、他にも何店か点在するそうなので、ゆとりある時に発見した際は、
くつろぎのひと時を……是非是非お勧めでございます♪

20051016170409.jpg

このページのトップへ
インデペンデンス・デイ、割と好きなんですよ(・ω・)
明らかにアメリカ最高イェイイェイって感じですがね。
今回のも割とそんな感じは漂いつつも、オリンピックくらいの周期で、
こういった大規模なものが観たくなるのです。

初っ端から日本の街並みが結構ショッキングで引きました(´ー`;)
けれど、映像はやっぱりきれいだったかなぁ。
ドキドキはらはらもほど良く散りばめられつつ、
緊張と緩和で中だるみせずに観る事が出来ましたー。
ニューヨークの街並みが凍り付いちゃって綺麗だなぁと……
のんきに思っておりましたよ。真夏に見たら涼しいかも。
ヒロインの子はどっかで見たことあるような気がするんですが、
あれー、どこかなぁ。
副大統領の転身ぶりに爽快感とほんのり苦笑しつつ、
でも個人的に一番の見どころだったシーンは
息子がニューヨークにいると言われた時だったので、どこか納得も。
一度観て、大満足ーの作品です(・ω・)
でもこれで環境問題を深く考える真面目な人ってどれくらいいるんだろ?
たくさんいるといいなぁ……(私が言うなって感じだけども)

……あ、そういえば教授は結局どうなったんだろ?


デイ・アフター・トゥモロー 通常版

デイ・アフター・トゥモロー 通常版

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2004/10/02
  • メディア: DVD


このページのトップへ
映画で予告編を観た時、明らかにおバカ映画と分かっていたのですが、
だからこそ観たかったこの映画。ようやく観られました。
……えーと、どこまで書けばいいんでしょう。
酒井若菜ちゃんはやっぱり可愛いなぁとか、
松田龍平はこんな役もやるのか、でもあんまり魅力ないなぁとか、
コスプレやイベント会場はこう見ると面白いなぁとか、
忌野清志郎のパレード、うあぁぁ一緒に参加したぁい!(゚∀゚ )とか、
まぁ、いろいろと思うことはあるけれど、言いたいことは一つ。
頭使わずノリで見ろ
……ってことかな……(´ー`;)
あ、親がいる所では観ないほうがいいっすよ。
背後で困った気配が漂ってくるんで(笑)


恋の門 スペシャル・エディション (通常版)

恋の門 スペシャル・エディション (通常版)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2005/04/08
  • メディア: DVD


このページのトップへ
何かのビデオの予告編に入っていて、何となく観たような気がしつつ、
今回改めて観ました、3人の逃亡者。
感想はもう、これに尽きますね。
無口娘、かっわいいぃ……っっ!!vvv~(゚∀゚*)
ちょっとね、服がだぼっと大きめな感じがするんですよ。
それでもってお姉さんって感じの落ちついた色合いと長めのスカート、
これがちんまい体に身につけられた時、あぁ、こんなにかわいくなってしまうとは!(拳)
大の男2人がメロメロになってしまうのも分かるというもの。
なので、ショートヘアバージョンの娘にはイマイチ萌えませんでした。
はい、観ているところが違います。
以上がほぼ見どころでしょうか(ちょっとちょっと)
その他といったらやっぱりパピーとプロのやりとりですかね。
ああぁ、どうしていらんことしーなの、あんたは!とプロの言葉が聞こえてくるようです。
俺だって、俺だって、一生懸命やっているんだよぉぉとパピーの声が聞こえてくるようです。
ちんまい娘に肩ポンされてしまうようなパピーはどことなくかわいい気もしてくるような。
ハッ!! そうか、だから娘の父なんか!!☆(゚Д゚) 違……
なので、もうずっとプロさんの手を借りてこの親子は生きていけばいいと思います。
っていうか、もうおまいら(パピーとプロ)めんどいから
結婚してまえー!ヽ(`∀´)ノ
暴言で締めくくり。


3人の逃亡者

3人の逃亡者

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2004/06/18
  • メディア: DVD


このページのトップへ
王様と私を観たらこちらも観ねばと、同時に借りてきたこの作品。
一目で作り自体が違う~と納得でございます。
王様と私は実際に起きたことを組みつつ、あくまで娯楽、
エンターテインメントを重視して面白おかしく作ってあるのに比べ、
こちらの作品では国の雰囲気や歴史・史実に基づいて、
まじめにまじめに作ってあるんだなぁと頷ける作品。
風景や細かな部分もちゃんとタイです、タイ風です。よかった(・ω・)♪

けれど、あれですね。
やっぱりどうしても小奇麗な映像になってしまうのね。
感性の問題なのかなと思いますが、やはり欧米人が撮ると、
どうしても絵画っぽく整った空気感が漂ってしまう。
映画としてはそれでいいんですけれども、
それがあちらの独特の雰囲気というか空気を消しているなぁと。
でもその方が映像としては観やすいんだろうし、よいのかもしれませぬ。

ところどころ、王様と私でも出てきた場面とかぶりました。
これは実際に起きていたエピソードってことなんかしらー?
何はともあれアンナ役のジョディ・フォスターは思ったよりも柔らか、
もっと硬いイメージがあったのですが、また実際硬質感ある女性役でしたが、
その中にほんのり漂うやわらかさがいい味を出していました。
アンナが眠るときにつけていた帽子がかわいいなぁと見とれつつ。
王様役のチョウ・ユンファも優しさ前面でよい感じでございます。
……ま、やっぱりタイ人って感じはしないけれど。
それは王様と私でも同じこと。
タイ人が演じたらどうだろうと思うけれど、やっぱり恐れ多いのかな。
それにしても一つ一つの国がこうして自分の国を上に立つ人が守って、
その中で一人一人が生活して成り立ってきたのね……。
実際はもう少しどろどろとしているんだろうなぁという感じが、
そこかしこに感じられますが(物語ってそういうものだろうし)
映画は娯楽と割り切ってみれば楽しいと思いまーす。
結局これもエンターテインメントなのね(・ω・)アリャリャ

タイへ渡る人がいるのならこの映画を観ておいたら、
大体どんな感じの空気なのか、自分なりに感じられるのではないかと。
あとは現地で修正って感じで!(゚∀゚ )


アンナと王様-特別編-

アンナと王様-特別編-

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2001/03/02
  • メディア: DVD


このページのトップへ
タイでバンパイン夏離宮を見た時に思い出した映画でございます。
そこで説明されたのは「アンナと王様」でしたが、
そういえば元祖はこちらかとまずはこちらから観てみました。
それにしても古い映画だ……(゚∀゚ )
サウンド・オブ・ミュージックやマイ・フェア・レディのようにミュージカルのような。
何でこの頃って幕間とか作るんだろう。演劇の名残だっけ?

さて、観た結果としては、おぉぉぉぉおぅ・゚・。 ・゚・(ノД`;)・゚・。・゚・かな。
いや、私はそんなにタイのこともその歴史も知らないけれど、
これは明らかに違うだろうと思うところ続出。
始めの国の風景からして(゚∀゚;)ウワァといろんな意味で楽しんだ。
映画としてはおもしろおかしいコミカルなものだけど、
観ようによってはタイ人をバカにしているようにも取れそうな感じ。
劇場と違ってもっとグローバルに広がっていくからなぁ、映画は。
劇場感覚で作ったらいざこざは出てきそうよね。今更だけど。
外国が日本映画を作ってもそういえばこんな感じだったか。
とはいえ、それでも内容は面白いです~(・∀・)♪
王の子らが演じる演劇(何故か京劇風 ^^;)も普通に面白いし、
所々に入る音楽がいい味出しています。
一番の見所はやっぱり王様とアンナのダンスシーンでしょうか。
この絵が綺麗なんだ~~!!ヽ( ゚∀゚)ノヽ(゚∀゚ )ノ
突っ込みたいところはたくさんあるけれど、何も考えずに楽しめ!っ手感じですね(・ω・)♪


王様と私 特別編

王様と私 特別編

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2005/02/04
  • メディア: DVD


このページのトップへ
旅行に行っていた間の新聞をざっと読んでいたら、
読者コラムのところにこんなあらすじの投稿があった。

投稿者の妹が歩道橋を自転車で渡る時、
自転車を持ち上げて階段を上っていた。
それがいつものやり方で、特に不都合はなかった。
それを見た見知らぬおじさんが、スロープを使ったらと助言し、
妹が両ハンドルを使って上ろうとしたが、重さにバランス崩した。
するとおじさん、「持ち方が違う!」と大きな声で言い、
ハンドルとサドルを持つやり方を教えた(これも大声だったんかな?)。
妹は帰宅して大泣き、自分のやり方で登れるのにいきなりの大声で、
びっくりしたのと口惜しかったのとで、
幼心にいろいろな葛藤があったらしい。
そんな我が子に対して、おかかさまはその子を慰め、
「小さな親切・大きなお世話」と教えたそうな。


すごいもにょった……(´・ω・`)
その子が大声で注意されて、口惜しさとか悲しさとか、
あとびっくりしたのとか、それはもういろいろあったと思うけれど、
それに対して「小さな親切・大きなお世話」って教えるのかぁ……。
なんだかそれって切り捨てているような感じで哀しいなぁ。
そのおじさんも悪気がなく大声だったかもしれないんだし、
子がそうして大泣きしても、もうちょっと教え方があると思うけれど。
せっかく見知らぬ人と繋がった和が切れっちまったような感じで、
うぅ~~~ん、もにょった投稿でした。
まぁ、物騒な世の中だし闇雲に皆が皆親切~でないんだろうけれど、
育て方もいろいろだとは思うんだけれど、

…………………………(´ヘ`;)モンモン このページのトップへ
タイへ行っていた期間20日間……。
うぅ、ベランダの鉢植え対策に散々頭悩ませた挙句、
結局2Lペットボトルの蓋に穴を開けて、簡易ジョウロ対策。
旅から帰ってきて恐る恐る覗いてみれば、あぁぁぁぁ~~(´・ω・`)
やっぱり全部枯れてました。
3日くらいなら簡易ジョウロでももつんですが、
やっぱり今回は期間が長すぎたようです、うぅ~、ごめん(=TωT)
でもこれが自分に出来た精一杯だったんだぁ↓
園芸好きさんには怒られるかもしれないけれども、
懲りずにまたベランダには花が増えてしまいそうです。
だって、何かないと淋しいんだもんさ。
それにしても残念だったなぁ。
ペンタスはまだまだ咲いてくれそうだったし、
ロベリアさんもほんの少しずつ咲いてくれていたのになぁ。 このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

09月 « 2005年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。