もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
さて、休憩後の行動はいよいよアンコールワット!!
微かに頭痛は引きずるものの、子どもの姿も相変わらずだけど、
息をハッと吐き出して、心の中で踏ん張って遺跡に向かいます。
(踏ん張るっていうのもどうかな、と心の反面でちらりと思いつつ)
THAI18.jpg

はー、見てください、この遠さ! 長い参道~~(ノД`)
この参道も昔からある左部分はがたがたと崩れそうで、
更に先に進むと補修工事をしています。
THAI19.jpg

参道を渡りきると、おろろん、壁に見えた所にも、
立派な入口(写真・左)があり、その内部には緻密な彫刻が、
そして立派な像(写真・右)が粛々と祭られています。

そこを潜ると、うわー、見えました!
写真でも見たことがあるアンコールワットの姿!(写真・左)
THAI20.jpg

だけど、すごい、これまた更に遠いです~Σ(゜□゜;)
たどり着くまでに経堂(写真・右)や、広い池などがあるんですよ。
これは、3日間、遺跡を巡る度に思っていたのですが、
遺跡が残っているこの参道を、道を、通路を、
昔の人もまた、こうして歩いていたんだなぁ、と思ったり、
彫刻のある壁をどんな思いで眺め、通り過ぎたんだろうとか、
参道を歩く途中、ふと足を止めて靴を弄ったり、服を直したり、
そんなことを昔から繰り返していたと思うと、
もう……何だか不思議な気持ちで胸がいっぱいになります。
寺院の中に入ると、すごい入り組んでいます。
バイヨンの比にならないくらい迷子になりそう(T▽T)
だって、ここでも第一回廊・壁の彫刻がすごい~~!
THAI21.jpg

方角によって色々な物語の流れが刻まれているんですよ。
しかもその回廊の長さが、また長い長い
だけど、それらをじっと眺めてもいられないのです。
何故なら、まだまだ奥が、先が待っているのです。
ひぃはぁ言いながら第二回廊の女神の姿に目を奪われ、
第三回廊を潜ると、そこに聳え立つ中央祠堂の姿。
……ぎゃーーー、また階段です。しかもめちゃくちゃ急!
旦那さんは早くもリタイア宣言。
でも行くよー、もう日も大分傾いているから、さくさくと!
……で、あの、ごめんなさい。
あまりに急な階段で、それを登った達成感に浸ったはいいけれど、
えーと。浸りすぎて、写真撮るの忘れてました(´Д`)~3
いや、もう遺跡に目を奪われるのと体力使うのと、
初日へばへばのバランス取っていると、
カメラなんかどうでも良くなっちゃうってなもんです。
後から考えると、良いわけあるかってなもんですが(ノДT)
江戸時代初期の武士が書いたとされる落書きなど見つつ、
アンコールワットを去ると、いや、まだあるんですよ。

最後のスポット……小高い丘からの夕景だそうです。
プノンバケンにたどり着いてもうびっくりよ
誰がこれを小高いと言ったよってなもんで。
いやあの、確かに高くは無いんですよ、それほど。
でも、あの……明らかに岩登りみたいなところで。
体力がそろそろエンプチー胸の赤ランプが光っていて
やっぱり写真どころじゃないという……(ノД`)
麓から頂上まで、有料だけど象に乗る事も出来るそうです。
でも、その時はもう日が沈むまであとわずか、
象に乗っていたら間に合いませんよー、とパリスさん。
旦那さんは早くもリタイア宣言ですよ。
でもうちらは行きますよ、ねぇ?(`・ω・´)=3
足場の悪い道をひぃこらはぁこらへぇこらと登って、
頂上から寺院を更に登ってみると……
THAI22.jpg

えーと、明らかに曇ってるYO! 夕景ぐっBYE!(゜∀゜)
いや、分かっていたんだけどね。一応記念だから。
日の沈んだ風景眺めつつ、頂上でへばーと休んでいる事しばし。
まだ明るいなぁ…と思っていると、パリスさんが手招き。
もう降りる時間との事。
まだ明るいのになぁと思っていたら、降りながら知った衝撃の事実。
「あと10分したら、もう真っ暗ですね」 ……(゜∀゜;)マジ?
まだ結構明るいのにな~と思ってたんですが、マジでした。
途中からかなり暗くなって、麓着いた時には真っ暗
降りながら聞いてみたんですよ、パリスさんに。
こんな恐い下り道で、真っ暗になって下る人もいるのかと。
いや、あんまり暗くなるのがあっという間だったから、
目測誤る人いそうだなぁと思って。
答えに困っていましたが、やっぱりいるそうですよ。
でも灯りもないところだから、とても危険だと。そりゃそうだよなぁ。
麓に着いて、旦那さんと合流するとぽつぽつと雨が。
急ぎ足で車に入ると、途端、土砂降りの雨と雷。
うっわ、超ラッキーじゃん、暗い山道のしかも雨。
でも……うちらが下りる頃、頂上にはまだ人たくさんいたよ。
……絶対いるよな、この中で降りる人……ガンバレ(TωT)ノ

その日の晩ご飯はクメール料理を食べながら、民族ダンスを鑑賞。
THAI23.jpg

バイキング形式なので、好きなものを取るんですが、
色々美味しそうなものがあって迷いましたよー。
ダンスはとても綺麗だったけれど、タイのダンスと似てるなぁ。
手の動きがしゃなりしゃなりとしていて、とても美しいですよ(・∀・)♪
ふと知人を見ると、知人まで手をしゃなりと真似て一緒に踊ってる!(フォークは下ろそうよ)
……こっち見てるのも面白いなぁ……(・ω・)
ホテルに戻ると、早々に部屋にこもって眠る準備。
前述の通り豪華なんですよ。
パジャマ・バスローブは用意されているわ、
シャワールームとバスタブは別だわ、
テレビは世界各国のテレビが80chくらいあるわで……。
テレビも見たいけれど、とにかく眠いとバスタブにお湯を貯めると…
……あ、お湯が黄色い。
タイも生水はNGだけど、こっちはそれよりも浄水されてないんかな。
……また現地の人々の顔が思い浮かびます。
それでも彼らはお風呂とかも入れないんだろうな。
…困った、どうしようかな、この罪悪感。収まりがなかなかつきません。
贅沢な状況だからこそ、何かにつけ胸にツキツキ来ます。
でもとりあえず置いておいて、アメニティの泡風呂で、
黄色いお湯はナイナイにして、ざぶんと浸かります。
水への抵抗感はあまりなし。
市中のトイレもなかなか衛生面厳しい所が多々ありましたが、
日本だって観光スポットや公園のトイレは汚いしなぁ。
日本の日常の環境はすごい恵まれているなぁとか、
でも潔癖症になりすぎる環境かもなぁとか、
色々考えながらバスタイム終了~、もう眠さ限界(´Д`)~3
うにゃにゃうにゃにゃとなにやら考えつつも、一日目終了。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

>旅→カンボジア(9/16 一日目・3)

はじめまして、こんばんわ!
トラックバックありがとうございました★
ずいぶんと長い旅に出られていたんですねぇ
ゆっくり観光されたようでうらやましいです!
またどこか行くときには参考にしたいと思いました

私もトラバらせていただきますね♪

  • 2005/09/30(金) 01:09:56 |
  • URL |
  • 小林加菜子 #fFk1GOaM
  • [編集]

>旅→カンボジア(9/16 一日目・3)

こちらこそありがとうございます~!!
トラックバックも是非是非♪
機会があって、長く充実した旅を出来ました。
これだけ長い間行くのも初めてだったんですが、
何だかすっかり外への扉が開いたようで、
また違う国も行きたいなぁとうずうずしている次第です♪
また遊びに来て下さいな~☆

  • 2005/09/30(金) 23:52:29 |
  • URL |
  • けいこ@管理人 #SFo5/nok
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eldohma.blog14.fc2.com/tb.php/120-76c295ac

遺跡めぐりレポ ~最終章~

<5・6日目:シュムリアップーホーチミンー成田>6日間のツアーだったけど、機内一泊の為観光できるのは実質5日間そして、5日目の観光も当然「アンコールワット遺跡」…自ら望んでこの旅へ参加したわけだけど、何かもう部活みたいだったよ「あぁ、明日も練習だ…」みたいな

  • 2005/10/01(土) 02:08:41 |
  • MAPLE~Rule's~
このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。