もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
何かの映画の予告編で見て、すごく見たい~~!!と前売り券まで買ったものの、都合が何度も合わずに結局行けずじまいだったアニメ映画です。
今回、ようやくその雪辱戦か、DVDで見る事が出来たわけですけれども、観てまず思ったのは「うあぁぁ~~っっ!! やっぱり映画館で是は見るべきだったんだァァ! くやすぃ!!・゚・(ノД`)・゚・」と。
風を切ってソーラーボードを操り空を飛ぶあのシーン!
星から宇宙へと飛び立つ船や隕石群、あらゆるシーンで、大画面の迫力を味わいたいシーンばかり!
冒険心を擽る映画は多いようでそれほどないってもんです。
そういう映画とフィーリングが合いそうだったらば、やっぱり映画館に行くべきだなぁとつくづく思いました。
さておき、感想はというと……子供向けだったけれども面白かったですよ。
感情のやり取りも分かりやすいし、何より思春期及び反抗期の少年心は分かりやすく、そして複雑です。
でもアメリカの映画だからか、表情に克明に表れるから、やっぱりある意味分かりやすいのかな。
格好つけたい年頃らしい仕草があちこちに出てくるところが、なんとも可愛いというか小生意気というか。
でもですね、私はこれを見て、一番強く心に残ったシーンがあるんですよ。
ある人が主人公に言うわけです。
自分の人生の舵を取り、自分で航路を決めて飛び立て、と。
あぁ、そうだよなぁ。とつくづくしみじみ思いました。
人生の中で迷う所はたくさんあるわけで、その一つ一つに自信がもてなくて、果たしてこれで良いのか、間違っていないのか、自分は正しい道を行っているか、とあらゆる所で振り返っては確かめたくなるわけです。
それでもその中で何を選び取るのかは結局は自分なわけで、それを選び取るまでに人の言葉や本や映画や何気ない物にヒントや助けを得られたとしても、結局最後にそれを選び取るのは自分自身で、それを選び取ったからには最後までその責任を負わなきゃいけない。
だけど知らず知らず、自分には甘くなってしまうものです。
何かのせいにしたくなってしまうし、壁になる人の嫌な所ばかりが目についてしまう。
でもそんな時、この言葉を振り返りたいなぁ、と。
自分自身が選んで、自分がそうと決めて、そうしてこうして歩いてきたんだから、と。
そうして行き詰っているということもまた、自分が選んだ道だと認める所から始まる気がするなぁ。
奇麗事ばかりで生きていられないし、いつだって取捨択一して人生を歩むもので、どの道を選んでも多かれ少なかれ痛みは伴うものだけれども。
それを罪悪と思わず、その痛みを背負う覚悟も欲しいものだと。
何か、そんな所まで感じてしまった、一言の台詞でした。
深い、深いよ、ディズニーアニメ……>゜))))彡


トレジャー・プラネット

トレジャー・プラネット

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: DVD


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eldohma.blog14.fc2.com/tb.php/30-16d9a545
このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。