もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
私はですね、白井晃の演出が好きなんですよ。
数年前に同じく彼が演出した「銀河鉄道の夜」を観に行ったのですね。
その時にチラシに「完全なる銀河鉄道の夜」とか、
まぁそんな感じの紹介が載せられていましたが、私は正直、
初め、全く期待していなかったのですよ。
というのも宮沢賢治に結構思い入れがあったので、
あの世界観を舞台で魅せきれるのは無理だろうと思っていたので。
ところが。
観終っての感想は……全く覆されるもので。
といっても紹介文に頷くという形ではなく、
でも素晴らしい感動を貰ったのですよ。
これはもったいないから、別でレビューを書かせていただくとして。
で、今回の星の王子さまも知ったのは昭乃さんのライブでのチラシ。
一瞬、ふーんと違うチラシをめくろうとしてから、
「演出:白井晃」という言葉に手が止まったのです。
銀河鉄道の夜を観に行ってからもうずいぶん経っても、
あの時の感動は忘れられず、未だに今まで観た中で1番は?と聞かれたら、
悩みながらもそれを挙げてしまうだろうという劇だったので。
ということで、いざ観に行きました。
「星の王子さま」……ミュージカルです。

私は原作を知らないのですよ。
本当は読んでから行こうかなと思ったのですが、
結局読めずに行き、仕方ないから素直に物語として楽しもう、と。
一緒に行った友達は、幸い星の王子さまを知っていたので、
いざとなったら彼女に聞いたり、感想教えてもらっちゃえ、なんて(笑)
で、感想は……やっぱりすごく、すごくすごく、綺麗です。
何であんなにおとぎ話をそのまま再現するような魅せ方出来るんだろう。
小道具の一つ一つが夢見させるような、
音楽や効果音一つ一つに遊び心を持たせているような……。
ふと、銀河鉄道の夜がかぶりました。
これは良いのか悪いのか分からないけれど……
私は全然気になりませんでした。
あぁ、ようやく特徴が分かったような……?といった感じ。
他の劇見て、尚かぶってきたら、他の感想に変わるかもしれないけれど。
お話は子供向けに進んでいると思いきや、言っている内容はかなり深くて、
結構、心の芯の部分をずんっと突いてくるような台詞なのに、
前述の夢見る部分がそれを緩和している。
絶妙なバランスを伴って進行していたように思えました。
物語のキーワードとなる言葉はキツネが言うのですが、
その言葉を聞いた時、胸にじんわり来ました。
だけどそれはまだこなれていないまま、
心はすぐに悟ってグァーっと熱くなっているけれど、
まだ頭が理解しきれず、意味をウンウン考えていました。
涙がぶゎっと盛り上がって止まらなくなったのはカーテンコール。
その時に一気に内容が溶け込んできたように思えます。
そして今、公式サイトを見てその映像を垣間見ると、
またあの時の感動と夢が広がってくる感じ。また観たいなぁ。
それに原作も読みたいなぁ……未だ読んでない私もどうかと(´ー`;)

星の王子さまは宮崎あおいさん
もうじき公開のNANAにも出ますねー。
無垢な部分をそのまままっすぐ伝えようという気構えを感じました。
とーっても可愛かったです。
女の子の可愛さが出てしまうんじゃないか冷や冷やしたけれど、
いやいや、そんなことは心配無用でした。
見慣れたらカツラがもう可愛いのなんのって……。

飛行士は岡田浩暉さん
彼はレ・ミゼラブルのマリウスもやっていましたー、観ました。
あの時も今回も好青年という役どころだからか、
うーん……ちょこっとかぶっていたような。
でも声も姿も格好よかったですーーー、とにかくそれに尽きる。
顔はそんなに格好良いとは思えないないのに(ファンの人ごめんなさい)
舞台に立つと、やっぱり何か降りてくるのかなぁ……。

第一幕のうぬぼれ男、そして第二幕のキツネはROLLY
うぬぼれ男はもうそのままろーーーりぃぃーーーーって感じでした(笑)
キツネはほぼ被り物だったので、あんまり役者を感じませんでしたが…
うーん。あの台詞を語ったのがROLLYだったのは……吉か凶か…
さて、どう出たんでしょうか? 私には分かりません。
でも、良いです。キツネ、いい。

王様はブラザートムさん
もう何ていうか、トムさんはもう何演じてもトムさんなんだろうな。
良くも悪くも。
いや、もうすっごく良かったです! いばりんぼうの王様! 最高!!
語り口調や王子さまとの掛け合いもまんまトムさんなんで、
聞いていてものすごーく安心できます。
もっと出番多かったらよかったのになぁ。

蛇役は森山開次さん
ダンサーという彼が演じた蛇は、ほぼ台詞がなく、
その描写のほとんどを動きのみで演じていました。
素敵……(*・ω・*)
しかも少しだけ喋ったその声も、渋くてめっちゃ格好良いやん!!
他の舞台もすごく見たくなりました……(拳)

花の役は安寿ミラさん
私、彼女の事を全く知らなかったので、ただ第一印象で、
すごく高慢な花を高慢な感じで演じるんだろうな、と思いました。
がっ!!
意外や意外、すごーーく柔らかかったのです。
もちろん高慢な花なんでプライドはエベレスト並ですが、
何でしょう……壊れやすい繊細な…柔の部分を裏にもった、
危うい「美」「高慢」「プライド」を感じるような、
そんな花を演じておられたんです。すごいびっくらした。

他の方は松澤一之さん内田紳一郎さん宮川浩さん福本伸一さん田子裕史さん
松澤さんはドラマの情けないお父さん役とかで出ていたような…。

お客さんの中には子どもの姿がちらほらと。
分かるんかなぁ…と思いつつも、今の世知辛いというか、無味乾燥というか、
そんな世の中にすごく必要だと思える物語だったので、
子どもにも、そしてその母親にもしっかり観てもらいたい…なんて、
えらそうに思った帰り道でした。

余談ですが、ここで食べたマフィンはめっちゃうまかったよー!!
抹茶&あずきもチョコ&オレンジもどっちもうまかった!
抹茶の方には大粒の小豆がぼろぼろ入っていたし!
チョコの方は上品で濃厚な味と香り……最高!
そんなわけでとにかく満足しまくってしまった帰り道なのでしたマル

ミュージカル「星の王子さま」公式サイト
ミュージカル「星の王子さま」ブログ
それぞれ、別の映像を見る事ができます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

私も星の王子様読んだことないの・・・

安寿ミラさんは宝塚の花組のもとTOPの人なんだよ。
そのとき、真家ミキさんはナンバー2だった。
ちょうどミラさんがトップのときに修学旅行でみたんだ。
メッチャかっこよかったよvv

  • 2005/09/07(水) 23:46:17 |
  • URL |
  • 煎茶 #-
  • [編集]

うん、紹介文にも書いてあったんだけど……
あー、宝塚はあまりよく分からないですよ。
観に行った事はあったけれども、
あまりに脳が幼くて圧倒されて終わったおもひでが……(=TωT)ノ
ただ、高校の時のお友達は熱狂的FANで、
よく寮で見て踊って歌ってました。
挙句、出し物でも歌って踊ってました。
おもろいなぁ……。
あ、おもろいで終わらしちゃダメか。

  • 2005/09/08(木) 01:26:27 |
  • URL |
  • けいこ@管理人 #SFo5/nok
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eldohma.blog14.fc2.com/tb.php/83-d0c3a023

出演作レビュー:『星の王子さま』

『星の王子さま(2005年)』ミュージカル新国立劇場 中劇場公演日 2005年8月7日(日)~8月23日(火)DVDが2006年3月24日に発売予定。一般人へのお薦め度:★★★★ドラマ・映画好きへのお薦め度:★★★★宮崎あおいファンへのお薦め度:★★★★★(★五個が満点)DV

  • 2005/12/30(金) 21:55:16 |
  • 宮崎あおいのススメ
このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。