もんたれびやん

まだ決めていませんが、日記的なことか映画や本の感想とか、時折携帯で撮った写真などちょめちょめ。……?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
一度、映画館に観に行こうとしたのですよ。
けれど超満員でその日はあと3回位、上映があったにも関わらず、
結局観る事は出来ませんでした……。
ということで、DVDで改めて観たこの映画。
す、すごく……すごーく重かったです(T▽T)
予想はしていたけれど、ここまでとは。
前もってあらすじをなんとなく知ってはいたけれども、
やっぱり朧に知っているのと観るのとは違いますね。
はじめ4兄弟の生活の様をほのぼのと観ていたのですけれども、
段々と切羽詰まっていくにつれて、こちらも肩に力が入るように。
普通の少年・少女と違う生活の様を何気なく映されて、
多分自分らではそうは思っていないんだろうなぁ、
思っていてもはっきりとは分からないんだろうなぁという場面に遭遇すると、
胸が痛いというか、胃が痛いというか……(TωT)どよん。
段々と追い詰められて、それぞれが荒れだすと、
もう映画だというのに、こちらがあわわと手を出したくなるような。
泣けたシーンはですね、主人公が奢ってもらったジュースをその場で飲まず、
その後、4つのコップだけが映されたシーンですね。
その時に「初ものがたり」の「白魚の目」を思い出してしまったんですよ。
「ごめんしてね、ごめんしてね」って言葉を思い出しちゃったんですよ。
もう二重効果でぼろ泣き。
それにしても…ラスト、気になる~~。
その先は結局どうなったのーー?

ということで、思ったよりもずっと重かったです。
でも、もう観たくない~!とか観るんじゃなかった~という映画ではなかったですよー。
泣ける映画を観たいって方にはお勧めです。
そういえばお友達に「重かったね……」と呟いたら、
「うん、長かったね」と返ってきました。
あー……や、うん、長かったね(´ー`)
その一言でちょっと重さから救われちゃいました(笑)

誰も知らない

誰も知らない

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2005/03/11
  • メディア: DVD


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eldohma.blog14.fc2.com/tb.php/87-f606dd63
このページのトップへ

Information

管理人
  • Author: 管理人
  • 一人遊びのお庭でござりまする(*^-^*)

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。